2022年6月26日日曜日

【まずは上昇を見極めてから】日経225MINI先物・月曜日の環境認識とトレード戦略20220627

ここまでの玉残りは買い1(26265円)となっている。どこまでホールドするか等は今週予想記事通りで混沌としているが、28500円を割らない限りは大丈夫だ。

きょうはその混沌とした状況を一気に打ち破ってくれる値動きを期待している。ナイトでのここまでの急上昇を見せられてはそう簡単には下がらないだろう。強気の買い目線は当然だ。


<重要ライン>

①28005~28120・・・日中マド2

②27655~28090・・・4時間足天ネックゾーン

③27635・・・4時間足推進3波目標値

④27410~27735・・・日中マド1

⑤27245・・・日足下落波61.8%戻し

⑥27225~27245・・・時間足マド開け

⑦27000・・・4時間足3波N値目標値

⑧26900・・・日足50%戻し&4時間足戻り高値

26875・・・ナイトセッションバリュー上限

※26840・・・ナイトセッション終値

⑩26620・・・バリューハーフ

⑪26485・・・4時間足1波頂点

⑫26470・・・前日日中マドウメ

⑬26440・・・ナイトセッションバリュー下限

⑭26395~26060・・・4時間足底ネックゾーン

⑮26335・・・5日線処


<詳細>

それでもさすがにここから更に大きい上昇は考えにくく、デイトレ的には押し目を待った方がいいのは当たり前。⑩まで降りてきてくれればラッキーの一言だが、少し落ちればすぐ買いが入るような展開なので、なかなか買わせてもらえないかもしれない。

また逆に寄りからの急騰には完全にSで対処したい。27000円トビ台は第1の天井だから、そんなに大きなロスカットはないだろう。

高値近辺(⑨辺り)でグズグズしてるようだとこれまたウリを交えてもいいだろう。この場合の売りは高値から23.6%押しからの下落で決断するだろう。27000円が高値になりそうなら、26860円割れだね。利確は26640円と出た。

目線は買いだけど、トレードは売り中心ということである。但し、この売りはホールド買い玉を守るための売りであることを付け加えておく。


以上。