2022年8月17日水曜日

【静観】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220817

過度な恐怖心は禁物、と言っておきながら買い玉を手放す。心と体が一体になってない証拠。まだまだあかんなあ。

28700円割れの下げがあるかもしれないとの不安があったものだから、寄りからの下げに思わず返済したのは28725円玉。その前に28820円での攻防で1枚追加もあっさりロスカットさせられたこともあったのだろう。恐怖心が増幅させられた。28760円で手放す。

しかし、後悔しつつも、10時半前に28785円玉を再度手に。でもあまり動かず大引けで利確してしまった。

ナイトはノープレイ。保有はカイ2(25875、27525)となった。天から授かったツキは成就できなかった。

夜中に29000円あったやないか。もうあかん。結局お盆興業は台本は上手く書けていたが、客足がいま一つで、儲けは少なかった。

きょうはさすがにおとなしくしてますわ。きょうもアメリカを気にして日中は動かないだろうし。


<重要ライン>

①29610・・・日足次の高値

②29535・・・日足N値(週間予想記事参照)

③29305・・・Gファン目標値

④29125~29300・・・日足節目ネックゾーン

⑤29020・・・4時間足3波目標値

⑥28990・・・ナイトセッションバリュー上限

※28965・・・ナイトセッション終値

⑦28830・・・ナイトセッションバリュー下限

⑧28760~28350・・・日足節目ネックゾーン

⑨28630~28525・・・日中マド3

⑩28620・・・4時間足押し安値

⑪28240・・・5日線処

⑫28110~27915・・・日中マド2

⑬27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

やるとしたら、1回はフェイントをかけてくるかもしれないので、それを拾って100円幅位儲けさせてもらう手。28850円に逆指しでもかけておくか。しかし、それは大引けまでには利確する。

FOMC議事録はぐっすりお休み中だろうから、期待は9時半の指標発表でどこまで伸びてくれるかだ。4時間足③ー5波の天井は④突破になってくれるとうれしいな。それでも29100に届いたなら買い玉を1枚はずす予定。

9時半~ニューヨーク開場後までに29000円以上になってないなら、29100以上の指値利確と損切り28850円前後に設定し、果報を寝て待つ作戦。

通常ならショートを準備するところだが、重要イベントが丑三つ時ではちょっとできない相談。明日朝にじっくり考えることになる。

いい夢見ろよ。


以上。

2022年8月16日火曜日

【3波仕上げへ!】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220816

ピタリ思うような展開になって、逆にビビってしまった。

寄付きからの下落が28635円まであったものだから、9時のからの上昇に躊躇してしまったのが敗因。やむなく9時半をまわってから28710円で買ったみたが、しょーむない逆指しをかけていたものだから、+5円の端した金をもらっただけで刈られてしまった。

で、10時半を回ってから28800円というヤバイ橋を渡るはめに。これも結局伸びず、+50円とあまり儲からず。

一転ナイトは弱い寄付き。前ばかり向いているものだから、28775円で買ってしまう。でも、これはすぐ▲25円で処理。もち合い中で押しが深くなる可能性もあったので、ド転気味に28770円でショートを建てた。

そして、アメリカ開場後、するすると上がっていったので、28725円で買い玉を。例の薬のせいでフラフラ気味だったので、売り玉には+5円の逆指し。買い玉には28640円のロスカット指定をして寝てしまった。どちらかが残ればいいやと投げヤリ。両方刈られてしまう展開になる可能性もあったのに・・・。

しかし、朝起きたら保有はカイ3(25875、27525、28725)となっていた。天は我に味方。

きょうは4時間足の3波総仕上げの日になってくれるのを期待。昨夜の下落は③ー4波で、③ー5波の上昇がもう少し続くと見る。


<重要ライン>

①29610・・・日足次の高値

②29535・・・日足N値(週間予想記事参照)

③29130・・・Gファン目標値

④29125~29300・・・日足節目ネックゾーン

⑤29020・・・4時間足3波目標値

⑥28900・・・ナイトセッションバリュー上限

※28875・・・ナイトセッション終値

⑦28820・・・15分足押し安値

⑧28760~28350・・・日足節目ネックゾーン

⑨28710・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑩28630・・・ナイトセッションバリュー下限

⑪28630~28545・・・(新)日中マド3

⑫28620・・・4時間足押し安値

⑬28320・・・4時間足1波頂点

⑭28225・・・5日線処

⑮28110~27915・・・日中マド2

⑯27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

きょうこそ⑤到達に期待したい。あと少しじゃないか。

寄りから⑦あたりまでの浅い押しがあるのなら一度は買ってみるつもり。でもこの場合は、ロスカットを小さく20円で。押しが無く、寄りから上昇してしまう展開なら手持ちのコマを動かすのみで、ノープレイとなるだろう。

だが③ー4波がまだ終わっていない可能性もある。フラットや拡大系の修正波なら、昨夜の復習からもう少し安値を割りこんでくる可能性もあるだろう。寄りからの押しが深ければ(⑦で止まらなければ)注意しておきたい。

この場合は、⑩をメドにこれも買い一択作戦。そして昨夜の買い玉はどこかでいったん投げることになる。

どちらにしても日足はまだ3波継続中なのだ。過度な恐怖心を抱くのは禁物と、これはわが身に向かっての言葉。


以上。

2022年8月14日日曜日

【きょうもイケる?】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220815

やっとこさウシシな展開になってくれたようだ。が、上昇を丸ごと頂けなかったのは技術面にまだまだ問題がある証拠。これからも精進する。

金曜日は高寄りのヤなすべり出し。本寄りから28290円まで一気に駆け上がってしまったのを見て、あきらめかけたが、5分も立たぬうちに反落したのを28210で買った。これは

〇前日朝記事の④⑤を下抜けなかったこと(そのレベルは買い増しの急所としていた)

〇寄付き坊主の陽線を期待できたこと

〇ナイトバリュー上限値からの上昇であったこと

を根拠のエントリーだが、他にもっとも大きな要因は、

〇スイング玉の含み益が大きくなっていることからくる「冒険心」がある。勝てている時はとにかく積極的に、ということだ。

しかし、やはり技術の稚拙さは今のところどうしようもなく、その買い玉を28340円で手放してしまった。心の奥底では恐怖心が渦巻いているんだね。

その後は新たなエントリーもできず、ナイトで上寄りしたのを悔やむばかりの酒宴となる。そして最後はベッドからの「おいで、おいで」に、保有玉1枚を28600円で手放して終了とした。

これで保有はカイ2(25875、27525)となった。1枚はどうやらSQ日近くまで持ってられそうだ。


さて、明日月曜日の仕掛けはどうしようか。悲願の28680円は達成した(その前に1枚売ってしまったが)。せっかくここまでガマンしたのだ。もう少し上を狙ってみようと思っている。エリオット波動の日足3波は、なんだかまだイケそうな気がする~。

次の目標値の詳細は前回の週間予想記事を参考に。


<重要ライン>

①29610・・・日足次の高値

②29535・・・日足N値

③29125~29300・・・日足節目ネックゾーン

④29020・・・4時間足3波目標値

⑤28950・・・Gファン目標値

⑥28760~29350・・・日足節目ネックゾーン

※28755・・・ナイトセッション終値

⑦28740・・・ナイトセッションバリュー上限

⑧28575・・・ナイトセッションバリュー下限

⑨28560・・・1時間足押し安値

⑩28545・・・前日マド埋め

⑪28365・・・(仮)4時間足3波の38.2%押し

⑫28320・・・4時間足1波頂点

⑬28200・・・5日線処

⑭28110~27915・・・(新・統合)日中マド2

⑮27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

といっても、それほど大それたことを望んでいるわけではない。当日のところは④、⑤あたりだ。ここなら当日中でも届く水準。大きな含み損を抱えているであろう無謀な売り方の絶叫が聞こえてくる水準でもある。

でもいくら積極的に!とはいえ、さすがにここから高寄りしては買えっこない。⑧まで先に下落してくれるならの条件付きだが、そんな自分勝手な値動きは望むべくもないだろう。

ナイトでは28600円前後で長らくもち合ったのだから、その保ち合いを下抜けるということは、逆に「天井」を意識しなければならないということだ。

このことからも、「もうちょい上」を望む筆者としては、恐怖心を抱きながらとはいえ、高寄りからでも買っていかねばならないだろう。そうでなければつじつまが合わぬ。合理的ではない。

だから、ナイト保ち合いをあっさり下抜けてしまう動きが出た方が安心ではある。スイング買い玉を手仕舞ってしまうか、4波の(とは言っても4時間足での)調整狙いのウリを仕掛けるかしかないからだ。

結論を出そう。

ナイトでのもち合い高値28630円にできるだけ引き付けて買うのが理想ではある。でも、そこまでのおねだりはできないだろうから、それをロスカット水準にして買う方針である。上限は28850円までとする。⑦以下までの下落から、再浮上する瞬間をつかまえられれば。

逆に28600円割れの下落が先なら様子見からのウリ建て断行。特に⑩割れなら尚更である。28300円台まで止まらないだろう。


以上。




2022年8月12日金曜日

【上昇を楽しむ】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220812

 皆さん注目、水曜日のナイトは予感通り上がってくれた。

筆者は日中寄付きで持ち越した売り玉を捌いたのはいいが、27650円までの下落にこだわっていたため、買いポジを増やすことができずじまい。ナイトでも下落を期待したが、〇高寄りしたが8時台になっても下がらなかった。〇その時点で寄付き坊主になっていた。などの理由で、不安いっぱいながら27880円で買って、9時半の指標を待つ身となる。

もしものことがあろうかと、27700円の逆指しロスカット指定と、新規ショートボタンに指乗せの万全の体勢は言うまでもない。

これでスイングポジションは買いのみ3枚(25875,27525,27880)。過去最大の一方的な建て玉。恐いが、日足3波であることに望みを託し、きのうの休日もやり過ごした。

さて、きのうは大きな動きもなく、今朝のCME清算値は28120円で、ナイトセッションと変わりなし。

本日は、28350円に再チャレンジといきたい。もちろんデイトレ玉は積極的に仕掛けるつもりである。


<重要ライン>

①28680・・・日足3波目標値

②28350・・・日足前回高値

③28320・・・直近高値

④28180~28265・・・4時間足直近ネックゾーン

⑤28175・・・4時間足直近下落の76.4%戻し

⑥28120・・・ナイトセッションバリュー上限

※28120・・・ナイトセッション終値

⑦27985・・・ナイトセッションバリューハーフ

⑧27950・・・1時間足押し安値

⑨27935~27915・・・(新)日中マド2

⑩27840・・・ナイトセッションバリュー下限

⑪27710・・・4時間足直近安値

⑫27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

昨夜はニューヨーク開場後に⑦割れなら、CFDでヘッジのショート玉を建てようと思っていたくらいだから、本日もこれに注目する。ザクッと言えば28000円割れだが、一瞬はあってもそう長く滞在することはないだろうと、決め打ちの買いを断行するつもりだ。

上寄りなら、上昇を楽しみに待つのみ。買いを増やすためにはやっぱり先に下落してもらいたいところである。

CMEでは④⑤が抵抗になっていたようだが、ここら辺りでの反転は意に介さず。小もち合いにでもなったら買い増しに動いてもいいだろう。本日の目標はあくまで②である。


以上。


※昨日より筆者はお盆休みに入っておるが、別にどこに行くということもないのでブログは続けると思う。ただし、のんびりはしたいので、16日まではいつもの時間に記事をアップできるかどうかは当日の起床時間によるのであしからず。また、平日禁酒のアルコール類は期間中全日開放。今朝もちょっとふらふら。

しかし、3タテくらうて。この大事な時期に何やってんだか。コロナに負けるな。


2022年8月10日水曜日

【もうひと波乱望む】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220810

またしても撃沈、トレード技術の幼さを露呈しているきょうこの頃である。

口約通り、28090円のバリュー下限値を割っっていったので10時半頃28005円で買ってみたが、全く上がる気配なし。大けがをしないうちにと午前中に▲30円で手仕舞った。

ナイトでは手持ちの買い玉のことが心配になり、27900円でウリを1枚だけ建てた。なんて消極的なのだろう。スパッと売っちゃえばいいのに。

結局ナイトも下がるに任せたまま就寝、いまに至る。これでポジションはカイ2(25875、25745)VSウリ1(27900)とわけのわからぬ建玉。引かれ腰もいいとこだ。寄りで始末しよっと。

きょうはどこまで戻してくれるのかがカギ。今晩の指標もあるし、明日は休みだし、SQも忘れておった。ややこしいので、日中はあまり騒がず、馬なりでいこうか。値動きを観察するのみ。


<重要ライン>

①28680・・・日足3波目標値

②28350・・・日足前回高値

③28320・・・直近高値

④28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

⑤28050・・・5日線

⑥27990・・・ナイトセッションバリュー上限

⑦27985・・・(仮)今回下落の38.2%戻し

⑧27905・・・(仮)今回下落の23.6%%戻し

⑨27870・・・ナイトセッションバリューハーフ

※27855・・・ナイトセッション終値

⑩27790・・・ナイトセッションバリュー下限

⑪27700・・・4時間足新1波76.4%押し

⑫27655辺・・・4時間足支持ライン処

⑬27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑭27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

そのカギは⑧。ここを上抜いてくるようだと買いの目も出てくる。しかし、次の目標値である⑦が⑥に近く、たぶん反発はここら辺で止まるだろうことが予測されるので、よほど幸運な買い目でない限り大儲けとはいくまい。躊躇しそう。するだろう。

逆に下はどうか。⑫⑬以外にも他の指標で27650円辺まで下げる余地はありそうだ。寄付きからそんな急落があったならの条件付きでちょっと暴れてみようかな。(※日中なかったなら、ナイト指標前にお目見えかもしれない。これは日中の値動き次第)

それにしても、相変わらずドタバタ好っきやなあ。悲劇にならんことを願う。


以上。


2022年8月9日火曜日

【売ってはいけない気がする】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220809

 もやもやが続く毎日である。

昨日は疑心暗鬼の中、9時過ぎに28095円、続いて9時半を回ってから28155円で買う。この位置なら突然の急落以外損は出ない価格だ。

それを28200円のバリュー上限値手前と大引けで売り払った。やはり伸びに不満が残る。

それでも日中に少しだが伸びたことで、ナイトは更に疑心暗鬼に。ニューヨーク開場前に上がっていったのも疑わしく感じられ、結局ノープレイだった。

ポジションは変わらず買い2枚。1枚は28300円以上になった時に利確しておけばよかったは、後の祭り。今朝起きてモヤモヤ。

きのうのきょうで申しわけないが、4時間の波動を修正した。新1波(2回転目)が始まっていた、と。大きく括ると、③の3波と言ってもいい。これに基づいてトレードを組み立てると、デイトレはともかく、スイング的にはウリはないだろう。もっともきょうに関しては軟調推移は仕方ないけれど。


<重要ライン>

①28680・・・日足3波目標値

②28350・・・日足前回高値

③28320・・・直近高値(ナイト高値)

④28285・・・ナイトセッションバリュー上限

⑤28240・・・Gファン抵抗ライン

⑥28230・・・4時間足ネックライン

⑦28200・・・ナイトセッションバリューハーフ

※28150・・・ナイトセッション終値

⑧28090・・・ナイトセッションバリュー下限

⑨28090~27655・・・4時間足天ネックゾーン

⑩28020・・・5日線

⑪28010・・・4時間足新1波38.2%押し

⑫27975・・・4時間足押し安値&Gファン支持ライン

⑬27915・・・4時間足新1波50%押し

⑭27820・・・4時間足新1波61.8%押し

⑮27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

どのような波動カウントになろうが、筆者の目標値は①に変わりないことは確か。ここら辺りで後退しているわけにはいかない。ましてや②の手前で失速したという事実は、逆に近いうちに1度は突破するというアノマリーを思い起こされて逆に勇気を与えられたようなもの。

上に向かって一直線だ。

でも日中は慎重に。上に飛び乗るようなことはせず、28000円前後の安値があったら買うだけけに留めようと思う。

上には④⑤⑥⑦と節目がひしめいており、明るいうちの突破は困難のような気がしている。ナイトまで引っ張って頑張ってみるか、デイトレとしてそれら節目近辺で決済するかだろう。

注意点は新1波の内部波動が終了しているかもしれない事。その場合は2波として28000円以下の押しも考えられるが、日中は買い勢力も強いため、ウリは難しいかも。上記節目で思い切って仕掛けられればいいが、下がってからでは利幅は限られるだろう。


以上。


2022年8月7日日曜日

【結局わからん】日経225MINI先物・月曜日の環境認識とトレード戦略20220808

その前にちょっと金曜日の復習をさせてもらいたい。

プレステージはナイトと同値までしか下がらず、本寄付きからバリュー下限を突破したので、弱き心を翻して27875円で買った。1枚はバリュー上限値28030の手前で利確、もう1枚はマド埋め上辺28120円で利確した。

正直、日中にそこまで上がるとは思っておらず、逆にナイトで予想していた爆謄はあきらめていた。

なので、10時半からの急騰には「しまった」の思い。飛びつきも考えたが、やめておいた。いつものアルコール祭りは10時を過ぎてからだったので、冷静でいられたのかも。

従って、夜はノートレード。ポジションは前日と変わりなく買い2枚。


いよいよ月曜日の予想に移る。迷いに迷っているが、時間もあるし、いつもより詳しく書こうと思う。書いてるうちに何かつかめるかもしれない。


<重要ライン>

①28680・・・3波大目標値

②28360・・・4時間足フィボファン抵抗ライン

③28350・・・日足前回高値

④28215・・・直近高値(ナイト高値)

⑤28200・・・ナイトセッションバリュー上限

⑥28165・・・ナイト保ち合い高値

※28115・・・ナイトセッション終値

⑦28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

⑧28030・・・ナイト保ち合い安値

⑨28005・・・ナイトセッションバリュー下限

⑩27975・・・4時間足押し安値(直近上昇の始点)

⑪27905・・・5日線

⑫27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑬27405・・・4時間足⑤ー1波始値

⑭27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

筆者が目先強気を維持できていないのは、前の記事で見たように4時間足の波がジリ高であるせいなのだ。

ジリ高はそれが続く限り、どこまでもついていってOKとも言えるが、『ジリ高、ジリ安は全戻し』という先人のお言葉もある。今回の場合は⑬まで下落する余地を残しているとも言えるのだ。金曜日ナイトで買えなかったのはその格言がちらついたのかもしれない。

ではどうする?







そのヒントはやはり、金曜日ナイトにある。この15分足チャートを見ながら確認してもらいたい。

そのナイト、10時半からすぐ下がって、折り返しすぐ急騰を演じた。その高値④以降の値動きを見てみよう。⑧まで下落後ジグザグ的、フラット的に上昇しての⑥高値をつけた。(そもそも、この一連の値動きが今後どっちに転ぶかわからないのであるが。)

ところでチャートの黄色い帯はネックゾーンである。まさにこのゾーンの中で深夜の値動きはもち合って終わっている。そう、このネックゾーンを利用しようとしているのである。

筆者の手法では、ネックゾーンの中ではトレードしないのが通常だ。もちろん4時間足などの大きな値幅のネックゾーンはそのレンジの中でのトレードも成立するが、せいぜいが100円程度の値幅(28160~28075円)、しかも15分足ときては、その中でのトレードはあきらめた方がいい。どちらか抜け出た方に順張りで仕掛けるのが良策である。

もちろん、抜け出る方向があらかじめわかっているのであれば、ゾーンの中から早めに仕掛けるのはアリだが、今回の筆者の場合は見当すらつけれないので、抜け出た時点での仕掛けとする。

いつもならバリュー下限・上限での突破を検討するが、今回は更に絞り込めることになる。すなわち、28160円を15分足実体で超えたら買いだ。でも28075円を実体で下抜けたらウリ、はちょっと考えもの。これは後で説明する。

上昇できた場合は28350円まで狙えるが、関門はもちろん④。ここを如何に突破できるかがカギ。その水準で揉み合ってくれたら、追加で買うのもアリ。あとは自動運転でもいいくらいだ。

注意点は寄付きがこのネックゾーンの外側からなら、やめた方がいいのは言うまでもないだろう。ゾーン内に戻ってしまうことが多い。なるべくなら、あと1,2回上下保合いが続いた後での突破後エントリーが望ましい。

今度は問題のウリの場合である。

なぜ28075円下抜け→ウリが機能しづらいのだろうか。それはこの28075円という価格が意外に堅そうだからである。ちょっと左側に28050円~28075円で揉み合った形跡が見える。これが突破を強く拒否するかもしれないのだ。

なのでウリを狙う場合は通常通り⑨の完割れ後だが、今回は⑧でもいいような気がしている。ここを割れればもち合い下抜けとなるからだ。

もしうまく下落の流れになったら、上で書いたように最終的に⑬が見えてくるかもしれない。その場合は⑨や⑩を如何に底抜けするかにかかっているだろう。また1時間足の支持ラインをも簡単に下抜けてくるにちがいない。

しかし、やはり今は上昇トレンドだ。下がればすぐ買い戻されるのは目に見えている。下がれば買いという当たり前の戦術のほうがいいかもね。というか、そもそも28000円割れがあるかどうかも疑問と言えば疑問のような気もしてきた。4時間足では③ー5波としているし、1時間足ではその5波も3波動目である。まだまだ残っているやんか、28680円まで。

やはりウリはスルーかな。(それにしてもジリ高は恐い。)

それにしても、今回もまた想像で記事を書いている。筆者のミラートレードをする読者が増えているようだが、あくまで筆者の妄想に基づく記事ばかりなので信用はしないように。


以上。


【実習】

上記⑩から④への上昇波動にフィボナッチリトレースメントをあててごらん。面白いことが見つかるかもしらん。それをリポートせよ。



少し大局的に見てみる【日経225MINI先物、今週(8/8~)の展望とトレード戦略】

短時間足での波動読解がまたまたわかり辛くなってきたので、今週の週間予想はすっ飛ばそうかとも思ったが、こういう時にこそ普段ないがしろにしがちなもっと長いレンジの波動の分析を再確認し、短時間足の動きに惑わされないようにすることが大事と思い立ち、記事にすることにした。

基本に立ち返るということである。まじめにMTF分析ぽくやってみる。


【日足】






いろんな見方、あるいは上昇トレンドそのものに否定的な見方があるかもしれないが、現状はこのような3波上昇中の相場であることに基づいて推論を進める。(正確を期すならば、まだ1波の頂点を上抜いていないので2波中であるが)。

さっそくこの3波の目標値を出しみよう。簡単だ。1波の1.618倍で32055円となる。筆者は長期的にここを狙っている。1波と同値幅なら29535円で、相場がもし弱気に傾いたのであれば、これが転換ポイントになるのだろうが、こんなところで終わるような相場でないと感じているので、32055円が正式な目標値である。

難敵はもちろん先ほどの29535円であるが、その前に倒しておかねばならないのが、28350円の3点天井説である。金曜日ナイトにそれと対峙できる水準までやっとこさ上昇してきた。明日の月曜日はいよいよ戦いの火ぶたが切って落とされるというムードである。

筆者から言わせれば、あるいは長期的な視点から見れば、こんな水準は簡単に落城させられそうに思うが、短期的な視点では1、2度は後退を余儀なくさせられるかもしれない。トレンド逆張り派、レンジ歓迎派のトレーダーはたくさんいるからだ。全体の61.8%以上はその部類に属すだろう。

また、もち合い相場が長く続く原因の第一は、機関投資家連中の得意相場(注)であるからで、それに便乗したくなる個人投資家がたくさん存在するのもまた事実。彼らはコバンザメのくせして「儲かった、儲かった」と大騒ぎしては、翌日すってんてんになるトレードを繰り返している。


(注)なぜなら機関投資家は、このもち合い期間でこそ自由に相場を操れるからである。いろいろな修正波があるように、その正体を見せることなく、騙し騙し、いつまでもその保ち合いを続けていられるからである。もち合い相場が終焉を迎えるというのは、彼らがそんな相場に飽きがきた、あるいはそんなことやってられない事情ができた(早く帰ってらっしゃい、夕ご飯の時間ですよ)、という意味である。


少しシニカルになってしまったが、個人投資家がトータルで儲けるにはトレンドに乗るしか方法はないのである、と筆者は考える。

目指すべきは32055円なのである。

では、この3波目を4時間足に分解してみよう。


【4時間足】






この4時間足こそが筆者をしてその分析を難解にしている張本人なのであるが、波動カウントが幾通りにも読めてしまうのである。筆者の考える通りに番号を振ってみたが、現況は波の内部波動波上昇中ではないかというのが、筆者のシナリオカウントである。

他には、「すでに波は27955円で終わり、今は波ですよ」とか、「波でもその始点がちがいますよ」など、ルールに則ってさえおれば何とでも数えれれるし、現段階では正解はわからない。正解はひとつなのだが、現段階でわからない以上、この問題についての議論は不毛である。

しかし、まだ波中であるということは言えるような気がするのは、筆者がその波全体の目標値=波の1.618倍=28680円にこだわっているからである。これを達成しない限り、波は終わらないのである。

そして、その波が内部でどのように展開されているのか、更に下位足でもって見てみよう。


【1時間足】





図のように無理くりに数字を振ってみたが、これには全く自信がない。3波動目であるとしているが、【4時間足】での波目が27510円から始まっているかもしれず、そもそも修正波かもしれず、これも判断はお預けとしよう。上昇波動であるということ以外、まったくわからない。


以上、まことに頼りない相場分析しかできないため、今週の相場予想としてはいつもの断定的な言い方はできない。

大きく下がるような事はないだろうが、かと言って今週中に28350円を突破できるとも断言できない。

【トレード戦略】としては一貫した戦略はない。もちろん底流には28680円→29535円→32055円という大筋の上昇トレンドがあるので、ロング中心の組み立てにはなるだろう。


以上、天井騒ぎの【今日の当座凌ぎ】でした。ご清聴ありがとうございました。


※続いて月曜日の予想に入るが、少しお時間を頂きたい。コーヒーブレイクも必要だ。



















2022年8月5日金曜日

【安値を拾うのみ】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220805

 とうとう1週間上がらなかった。調子外れもいいとこだ。

今週はここまでたいした実入りがなかったので、なんとか稼ごうと思ったが、日中は朝10時半前の27870円、午後始まり後の27855円の買い玉をなんとか引け前27900円で利確するのがやっとこさ。

ナイトも高寄り1時間後に27935円で買う。これは期待通りの急騰を演じてくれたが、ほどなく天井形成で、仕方なく27990円で利確。1枚は期待を残したもののあえなく+5円で手放した。

結局大して儲からず、カイ2枚(25875、27525)のポジションは変わらずだが、本日に不安を残したナイトセッションだった。

きょうの日中は基本様子見。やはり雇用統計の威力に屈した格好で悔しくて仕方ない。こんな平凡な記事を書かされるのが屈辱的でもある。


<重要ライン>

①28680・・・3波大目標値

②28350・・・日足前回高値

③28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

④28085・・・4時間足Gファン抵抗値

⑤28070・・・直近高値

⑥28030・・・ナイトセッションバリュー上限

⑦28020~28120・・・日中マド2

⑧27940・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑨27865・・・ナイトセッションバリュー下限

※27860・・・ナイトセッション終値

⑩27720・・・前日バリュー下限値

⑪27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑫27510・・・4時間足押し安値

⑬27405・・・4時間足⑤ー1波始値

⑭27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

それでも手をこまねいて見ているのはあまりにも悔しい。

弱々しい動きで、27700円台前半までの下落があるのなら喜んで拾いにいく。たぶんそんなに大儲けにはならず、また利確にも時間がかかるかもしれないが、いまの自分にはそれしか能がない。

27900円台に再度持ち直したなら、夜に期待をつなぐ作戦。

また持ち玉の高い方は、27700円割れたら手仕舞い方針。でも、機会見て買い直すがね。


以上。


2022年8月4日木曜日

【3度目の正直なるか】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220804

 日中はトレードなし。典型的なノーマルデーとなった。

また夜も家事手伝い過多が原因で、10時すぎの就寝になったため、ストップロスだけ入れて終了とした。ナスダックが上昇していたので、日経も上がるだろうとは踏んでいたが、断続的に閉じたくなる瞼には勝てなかった。

ホールド玉のカイ2枚(25875、27525)は、ストップロスにもかからず無事でよかった。なぜなら、きょうは、きょうこそは突破するかもしれないからだ。

火曜日の27510円までの下落は拡大フラット終了と読んだ。そこからの新しい波の3波目が進んでいるというわけだ。


<重要ライン>

①28680・・・3波大目標値

②28350・・・日足前回高値

③28255・・・4時間足3波目標値

④28100・・・日中控え目目標値

⑤28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

⑥28060・・・直近高値

⑦28020~28120・・・日中マド2

⑧28005・・・ナイトセッションバリュー上限

※27805・・・ナイトセッション終値

⑨27825・・・前日マド埋め

⑩27805・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑪27800・・・5日線処

⑫27720・・・ナイトセッションバリュー下限

⑬27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑭27610・・・1時間足押し安値

⑮27510・・・4時間足押し安値

⑯27405・・・4時間足⑤ー1波始値

⑰27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

なので、筆者はフライングを恐れず、追加で買いを行うことになろう。下に利益玉を持っていることが支えになっていることは確かだ。なければ、そんな冒険はできないが・・・。

上は言い過ぎとしても、焦点は1時間足の③ー4波調整がどこまで続くかである。時間的なことは不明だが、値幅でいえば27900円チョイ割れ程度だと推測し、買いを断行するつもりである。

目標は当然③だが、日中が弱々しいなら、④辺りまでしか上昇しないかもしれないが、ナイトでは必ず③には到達するだろう。

しかし、またもや28000円の壁を意識させられるならウリも当然考えるが、それはまず23.6%押し(仮で27920円)から明確に38.2%押し(仮で27860円)割れを確認した後で、それもヘッジ目的なくらいの軽い気持ちで十分なのではないだろうか。

27900円チョイ割れで買うと言う、一方で27860割れはウリと言う。なんとも矛盾した、なんとも難しい戦略ではないか? 

でも筆者はまず買うね。そして必要ならロスカット。まず現状での自己のエリオット波動分析力を信じることからすべては始まるのだから。


以上。


2022年8月3日水曜日

【それでも買い】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220803

またしても日中は売られる展開。どうにかならんかね。悪い方の予感がまた的中した。

さすがにバリュー下限割れの狼藉を喰らってはまずはウリしかない。27745円とだいぶ遅いエントリーだが、ヘッジ目的でもあるので仕方ない。その前に27770円でホールド玉は1枚処分した。で、下げるだけ下げさせておいての27605円カイは早とちり。でも、11時を回っての27525円はベストプレ。この2枚でもってウリに対抗だ。

しかし、底圏に張り付いたままなかなか上がらない。で、終了間際に27610円で1枚利確した。

後はナイト。売り玉は早々に27650円で処理したが、買い玉は27590円を追加仕入れして、ニューヨーク開場に備える。最後は大きく上がったようだが、こちとらは時間切れ。27710円で利確せざるを得なかった。

ホールド玉はカイ2枚(25875、27525)となって、きょうに賭ける。

昨日の下落で③ー5波が終わったような波動も見てとれるが、始点27405円を割れるまではカイ主体でがんばる。でも、やっぱり苦しい闘いになりそう。売りの方が楽なのはわかっちゃいるが・・・


<重要ライン>

①28680・・・3波大目標値

②28350・・・日足前回高値

③28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

④28060・・・直近高値

⑤28020~28120・・・日中マド2

⑥28000・・・本日目標値

⑦27900・・・4時間足Gファン抵抗ライン

⑧27895・・・ナイトセッションバリュー上限

⑨27810・・・5日線処

※27725・・・ナイトセッション終値

⑩27710・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑪27685・・・15分足ジグザグN値

⑫27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑬27590・・・ナイトセッションバリュー下限

⑭27510・・・4時間足押し安値

⑮27405・・・4時間足⑤ー1波始値

⑯27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

思いのほか、ナイトは高値から大きめの下落。ウレシい限り。買いと決めている以上、朝はまず下落ときてくれなくちゃ始まらない。まだ下落が続くとすれば、その底は⑩、⑪あたりで、値幅からもいったんは止まるはず。

当然その辺りを狙って買うわけだが、エリオット波動的にはナイト高値27910円を少しでも超えるような上昇がなければ、即刻利確するべきだろう。新たな下落の波にさらわれることになろう。

もちろん先に上昇してしまう展開もありうる。この場合は⑧までの高値を確認した後、ショート参戦してもいいかもしれない。23.6%押しの安全ショート作戦だが、きょうは上下ともあまり値幅は稼げないような気もしているので、ほどほどで利確。あるいはノープレイになるか。


以上。


2022年8月2日火曜日

【飽くまで買い】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220802

なかなか思う通りには動いてくれんわい。

朝はラッキーにもプレステージから下落してくれたものだから、こっちの目線も下方修正でた。27655円割れは全カットの不安はあったが、最初の30分での下落の底を買うことができた。27745円。たまたまかもしれないが・・・。

1枚をバリュー上限値の27980円手前で利確し、1枚はホールド決意。良かったのはここまで。

前のめりになっている筆者は、ナイトでとんだ失態。高値から落ちてきた27905円を格好の押し目だと盲信してのロング敢行!あれよあれよという間にロスカットもできないままに更に下落。顔真っ青になりかけたのは言うまでもない。

しかし、「今は上昇トレンドなのだ」という確信があったので、27800円での買い足し。日中のホールド玉もなんとか耐え忍んだ。上位の買い玉は27890円で2枚とも損切り&小利したが、強引なトレードにはちと反省が残る。

これでポジションは買い2(25875、27745)となった。下落が心配になる体制ではある。

なかなか思う通りには動いてくれんわい。これが鯨幕というやつか。本当はウリも交えたトレードなら2倍儲かるのだが、頭の中はカイ一辺倒ときてるから、売るのは恐いのである。いつ踏みあげられるか、わかったものではない。

本日も買いのみでいく。下値は切り上がってきている、それだけを支えにして。


<重要ライン>

①28680・・・3波大目標値

②28350・・・日足前回高値

③28300・・・1時間足目標値

④28140・・・本日目標値

⑤28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

⑥28060・・・直近高値

⑦28035・・・ナイトセッションバリュー上限

⑧28020~28120・・・日中マド2

※27895・・・ナイトセッション終値

⑨27835・・・ナイトセッションバリュー下限

⑩27825・・・5日線処

⑪27800・・・4時間足Gファン支持ライン

⑫27730・・・1時間足押し安値

⑬27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑭27595・・・4時間足押し安値

⑮27340~27030・・・日中マド1


<詳細>

展開シナリオは週間予想以来変わっていない。波動の読みは間違っていない。「必ず上がる」。なので、⑨の押し目は買うだろう。ただ、再再再度頭を押さえられる展開も十分あるだろうから、利確はこまめに⑦で。⑤や⑧は埋めてくるかも、と1枚はがんばるつもり。

また、きょうは27800円を割ったらいったんロスカットする。脅しの下落とはわかっているが、大事の前に大きく下落させられるシナリオも想定しているからだ。世に言う「振るい落とし」だね。と言っても27500円割れ程度だろうが、そこで買い直すつもり。


以上。