2020年10月18日日曜日

日経225MINI先物、今週(10/19~)の展望とトレード戦略

 時間の関係で今週は簡略版になる。ご了承を。

【日足】

先週に引き続きジリ高傾向に変わりはない。<売り>は考えられない。

【4時間足】

これも悩ましい限りではあるが、グリーン色の上下ラインの中を往ったり来たり。高値を切り上げながら進行しているのは、当然であろう。
筆者は先週のほとんどを何もできないまま棒に振ったが、それでも木曜日、金曜日に23475円、23390円の買い玉をようやく建てて、それらは今だ保有している。前半までは先週ブログに書いたように「下げ」が中途半端で、とても買えたシロモノではなかったからだが、ようやく赤ラインの38.2%押し23430円を割り、23400円をも割って反発してくれたことで買う決心がついたのでる。

まあ、これらの安い方は捨て玉として、グリーンラインを割るまでは保有しようと考えているが、それにしても月曜日はどうなるのだろうか。

考えられるのは2通りあるだろう。A:橙色の上値抵抗線から反落して緑の支持線の方向に行く。もう一つはB:上の緑色抵抗ラインを目指し新高値を付ける。(抵抗ラインを上抜いてぐいぐい進む展開は今は想定していない。)

【戦略】
先週23400円を割ったことで押し目はいったん終了と考えている。半値押し以上には下落しなかったからである。今度は上に行く番だ。気長に上記Bシナリオを楽しみにホールドしようと思う。もっともまだまだ保ち合い相場は続くことは否定しないので、高値では決済、下げたら買い増し等をやる予定。


以上、天井騒ぎの【今日のその場凌ぎ】でした。ご清聴ありがとうございました。





0 件のコメント:

コメントを投稿