2021年10月31日日曜日

【お知らせ】

 今まで朝ブログのなかで、225MINI先物の環境認識とともに、個別銘柄についてもその日有望な銘柄をあげてあれこれ簡単な品評をしてまいったが、評判すこぶる悪く、今後は朝ブログの【本日の環境認識とトレード戦略】でとりあげるのは225MINI先物のみとする。

その代わり、新しく【3波見っっけ!】というタイトルの記事を新設し、個別銘柄は主にここで扱うことになるだろう。(週に2,3本予定)

【3波見っっけ!】記事概要

エリオット波動の各波動の中でも、第3波といえばトレンドの中でも、もっとも期間が長く、その分値幅も大きくなると期待される波動なので、エリオット波動使いみんなのあこがれ。その初期になるべく早く建玉したいと考える波動である。

フィボナッチ他、人によってはいろんなインジケーターを駆使して、その始点をつかむのに努力を傾けるのであるが、それにはもちろん理由がある。

先に上げた、利益の大きさが一番の魅力だろうが、トレードの簡略さというのもまたはずせない。

3波の初期こそ、反体制派の邪魔が入るものの、内部波動の3-3波ともなると、放っておいてもどんどん含み益が増えてくる。デイトレなら、この3波の方向に建玉さえしておけば、大きな損は出ないし、ロスカットせずともいずれ収益に結びつく。

こんな便利ないいこと尽くしの波動が第3波なのである。

とりあげる対象は主に日本株の個別銘柄になるだろう。先物やCFD、FXも見つかり次第報告するが、FXにしても現在は3通貨ペアしか見てないので、頻出することはないだろう。

また、それぞれの時間足は、日本株は日足中心、時には1時間足での3波を。先物、CFD、FXは日足よりも、4時間足や1時間足に注力する。それは短期スイングトレードが筆者の方針だからだ。

更に、純然たる3波だけではなく、まだ2波中であっても「もうすぐ3波だ」とか「こうなりゃ3波だ」とかも、失敗を恐れず取り上げる方針である。

記事では以上のような3波銘柄のエントリー位置や利確目標値、その他注意点など、筆者の考えられる範囲で書いていく予定だ。

個人投資家たる同志よ、参考にしてみてくれ。そしてみんなでいっしょになって儲けようではないか。筆者の敵は機関投資家であって、筆者同様のか弱い個人投資家ではない。

でも、見立て間違いなら、ご免あそーせ。


以上。






0 件のコメント:

コメントを投稿