2021年12月29日水曜日

【掉尾の一振期待VS高値圏からの下落狙い】今朝の環境認識とトレード戦略20211229

 【225MINI先物】

きのうは朝イチ押し目買いチャンスも反発が急すぎて拾えず、ノートレードに終わる。夜はさらにチャンスなし。

年内のトレードは家事手伝いの為休業するが、記事だけはアップしとこうと思う。

現状は掉尾の一振期待の買いでもってるようなものなので、いつ急落があってもおかしくはない。やるんだったら、29000円前後でのショート。ただし、ホントに一振があるかもしれないので、29040円超えはいったん撤退するだろう。


≪重要なライン≫

①29425・・・日足節目

②29300・・・4時間足76.4%戻し

③28150・・・4時間足前回高値

④29090・・・日足陰線始値

⑤29045・・・親波FE61.8%戻し

⑥29025・・・ナイトセッションバリュー上限

⑦29995・・・1時間足天ネックゾーン上限

※28960・・・ナイトセッション終値

⑧27930・・・ナイトセッションバリュー下限

⑨28920・・・4時間足61.8%戻し

⑩28810~28755・・・(新)日中マド

⑪28780・・・日足節目

⑫28715・・・1時間足天ネックゾーン下限

⑬28595・・・4時間足押し安値

⑭28580・・・親波FE50%戻し


<詳細>

1時間足では現状B波であり、これからC波の下落があるはずと思っている。しかし下がるといっても、それほど大きな下落にはつながることはないだろう。きのうの安値28815円は更新するが、その後⑩を埋めるくらいだろうか。

ショートエントリーポイントは29000円前後が理想だが、利幅は薄くなるが⑧の完割れなら安心感はある。


以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿