2022年11月5日土曜日

【今度こそ!】日経225MINI先物・11/07月曜日の環境認識とトレード戦略20221107

金曜日のプレイはちょっと嬉しい。10時10分頃に放ったショート27150円は筆者が理想とするプレイである。

寄付きからの下落に「プレステージでの新規建てはまかりならん」という家訓にイラ立つなか、9時からの急騰にはついていけずがもっけの幸い。その後の下落に「”チャイナショック”を見てから」と、27190円に置いていた買い指値を引っこめた後のことだった。

このヘッジ目的のショート玉は、w底割れでの建玉で、その後+5円の逆指しでその役割を終えたが、その前に(10時半ちょい前)放った27030円買いの強力な後押しとなってくれた。この咬ませ犬的S玉の存在なくして底値近辺での買いはありえなかったろう。どこまで下がるか疑心暗鬼の中、買いサインのひとつとして出ていないさなかでは、とても勇気が出ない。

そして、買い玉はナイトへ引き継ぎ。余勢を駆って、6時すぎ日中バリュー27215円を突破したので、押し目27240円でも買った(しかしこれは7時すぎ27300円が重そうだったので27280円で利確している。しまった!感あり)。

次に問題の9時半だ。乱高下した相場は5分後には収まりかけ、とっさに27300円で買ったが、これは多分にお酒の力を借りてのものだったろう。27400円は突破するにちがいないとは踏んでいたが、ニューヨーク開始後の危ない場面を知らぬ存ぜぬで過ごせたのは、これも酒の魔力にちがいない。ほどなく27475円(直前下落波の61.8%戻しのチョイ手前)で指値利確できている。

これで27030円玉を温存でき、保有は買い2枚となった。来週へ望みをつなぐ。

もちろん上昇に賭ける。月曜日はまず前回に果たせなかった高値奪還が目標である。ナイトの勢いそのままに駆け抜けてほしい。


<重要ライン>

①28745・・・3波目標値

②28595~28655・・・日中マド5

③28460・・・次の戻り高値

④28305~28440・・・4時間足大天ネックゾーン

⑤28045処・・・4時間足チャネルライン上辺処

⑥27810~28330・・・日中マド4

⑦27785・・・9/14・28460円からの下落の76.4%戻し(月曜日目標)

⑧27775・・・直近高値

⑨27695・・・1・4時間足抵抗線処

⑩27595・・・4時間足下落親波の76.4%戻し

27550・・・日中マド3上辺

⑫27545~27825・・・日足節目ネックゾーン

⑬27510・・・ナイトセッションバリュー上限

※27490・・・ナイトセッション終値

⑭27410・・・日中マド3下辺

⑮27325・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑯27190・・・ナイトセッションバリュー下限

⑰27190~26905・・・4時間足ネックゾーン

⑱26860~26825・・・日中マド2

⑲26635~26430・・・日中マド1


<詳細>

1時間足では5波動目が進行中であると思われる。この5波動目は、ダブルトップを狙ってくる超目先筋や、4時間足では27600円処での三尊天井を画策するレンジ歓迎派の格好の餌食になったりする。また⑨のラインも見えている。敵は多い。

それでも何とか搔い潜って上昇してくれないものか。そう思わせるのは過去の上昇幅の経験則だけ。過去3度は795円、840円、845円と上昇した。なら今回は27800円をつけてもおかしくないだろう。(下記チャート参照)

せっかく節目の27400円を取り戻したのだ。月曜日も安値をそこにおいて闘おうと思う。⑮も見ないですむよう祈るばかりである。




※上昇角度も似通ってくるだろう。
断っておくが、27800円処で止まるという意味ではない。4度目の今回は最終的にw値幅を狙っている。


以上。


0 件のコメント: