2019年12月20日金曜日

6826 本多通信工業

尻すぼみか。

【今日の当て物】

12/3の多重帯日の大陽線も目立つが、翌日のカブセの陰線も第二の出来高になっており、これでひと相場終了ともいえる。大陽線の下辺付近でシコシコやっている向きは、その保ち合い期間が長引くほど、危険の中に身をさらしていると受け止めるべきだ。HOLD期間は今年いっぱいとするのはいいが、その前にも投げが入って下落してしまうかもしれない。
週足では、570円付近(紫線)は強力なレジスタンスにもなっている。

とはいっても、530円付近はBS転換点でもあり(ピンク線)、底固いのも確かだ。いずれ順番が来れば、もとの大陽線内に戻っていくのだろう。

何を言いたいのかというと、この銘柄は570円から530円の狭い範囲の保ち合いだということ。昨日の終値569円なぞはその天井で、危険極まりない株価であり、決してBしてはならず、逆にカラ売りすべきである(筆者はやらないが)。

買うなら530円に引き付けて、なのである。

この程度の株価レベルの銘柄なら、10円位の損切の腹つもり、4,50円位の利益を狙うのが天井騒ぎ流なのである。天井騒ぎの得手勝手な皮算用なのである。