2022年8月31日水曜日

【正念場。ショート継続】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220831

 日中は上にも下にもついていけず、無駄に過ごす。おそらく相当迷いが生じているのだろう。なんとか迷宮から抜け出さなくては。

で、6時頃までスマホさえ見れない用事が入っていたので、思い切って28330円ショートを予約した。この数字は時間足のジグザグN値である。ロスカットは▲30円。現状打破目的の一手で、バクチ的要素満載。

これが大当たり。まだ持っている。これで保有ポジションはカイ1(25875)VSウリ2(29130、28330)となった。ようやく一方に傾けられた。しかし含み益の段階であり、現金での実入りはゼロだ。

今朝は、月曜日朝と同様、考えさせられる値位置に戻ってきた。この位置から上下どちらに転げるか、上はやはり重いようである。下も堅そうだが崖っぷち。


<重要ライン>

①28835~28890・・・日中マド3

②28350~28760・・・日足節目ネックゾーン

③28340・・・4時間足戻り高値

④28330・・・ナイトセッションバリュー上限

⑤28250・・・5日線処

⑥28235~28600・・・(改)日中マド2

⑦28100・・・ナイトセッションバリューハーフ

⑧27960・・・Gファン抵抗ライン

※27920・・・ナイトセッション終値&日足小3波の38.2%押し

⑨27910~27780・・・4時間足底ネックゾーン

⑩28900・・・直近上昇の76.4%押し

⑪27870・・・ナイトセッションバリュー下限

⑫27765・・・直近安値

⑬27710・・・4時間足押し安値

⑭27610・・・日中下落予想値

⑮27515・・・日足小3波の50%押し

⑯27340~27030・・・日中マド1

⑰27315・・・日足新ジグザグN値

⑱27230・・・日足1波頂点(実体ベースでは27070円)

⑲27115・・・日足小3波の61.8%押し


<詳細>

⑪を割れたら今度こそヤバそうだ。月曜ブログでも書いたが、下落の第2段階=27000円処までを最終的に覚悟しておいた方がいいだろう。まあきょうのところは最低限⑬割れから、最大⑮あたりだろうが。

なので、S目線で臨む。

しかし、月曜日同様なんとか踏ん張ってくれるかもしれない。⑧まで戻してくれれば期待できる。

・・・それでも⑪までかなあ。寄付きから先に戻しが入れば尚更売られるだろう。


以上。

0 件のコメント: