2023年1月22日日曜日

【続・買う。】今週(1/23~)と1/23月曜日の日経225MINI先物の分析&トレード戦略20230123

 夢叶う。やっとこさ大きな歯車が動き出した。もう心配はいらない。「カイ」だけを考えてトレードすれば、しこたま儲かる相場に突入したのである。

今週の相場の分析、予想に入る前に、まずは金曜日の釣果から。

9時10分すぎ26340円で買ってみた。前場はクネクネとやって思い通りの上昇にならなかったので、11時にたまらず26440円で利確。5波動目であったし、チャネルラインにも到達していた。

次は後場1時。26430円カイ。勝負だったが、これは3時過ぎたところで26520円で利確した。下に昨日分の買い玉があるので気楽で、決済行動にも未練はない。

そしてナイトだ。始まって1時間後、30分足の往って来いを見て買いを決心。「相当上がるな」。その後の30分の間に26570円、26590円と買い玉を追加。12時前のちょいとした下落にもなんら恐れることなく(酒の力は偉大だ!)床入りしたのである。

これで保有は買い4(25640、26300、26570、26590)VS売り1(28210)と、怒涛のカイ攻め。明日は買い玉の一部利入れと、売り玉の決済を企てている。

・・・・・・

では、お待ちかね、今週の展望から。自分の立ち位置を確認しつつ。


【週足】

ずっと祈っていた週足支持ラインを4週ぶりに回復した。週足3波目に進行したものとみなす。週足の支持ラインは26330円から今週26345円に切り上がるが、「もう2度と戻ってくんなよ!」。


【日足】

ずっと願っていた日足ネックゾーン上辺26470円をついに突破してくれた。これをもって足元の日足でも推進3波が進行中とみなす。このネックゾーンの間での持ち合いが長引くことを恐れてもいたので、「もう2度と戻ってくんなよ!」。

25565円を基点とし、1波天井26525円、2波底25670円とくれば、推進3波の目標値は1波の1.618倍=27225円、2.618倍=28185円となる。さて、今週はどこまで伸びてくれるだろうか。


【セッション足】

金曜日朝ブログで書いたように、陰線、陰線、ほぼ十字線の押し目底のことである。その後の2セッション(金曜日の日中&ナイトセッション)の陽線をイメージして、筆者は超強気で攻めることになった。今週も臆せず買いだけを念頭に。

小さな押し目セッションはあるだろうが・・・。仮に高値掴みになったとしても、すぐ取り返すことができるほど強い相場なのではなかろうか。


【4時間足】

これも3波目が進行中であるが。その3波目の波動が2回転目に突入していると想定した。(チャートは金曜日朝ブログ参照)。現在はいわば③ー3波目にあたることになる。

この3-3波の目標値はN値なら26995円であろうし、1.618倍なら27465円となる計算だ。26995円はもうすぐだね。止まるかな、止まるのよそうかな。

筆者は止まらないと感じているが、いちおうの抵抗はあるだろう。小さくもち合うならやはり27000円のキリ番が見えてもいるし。まあ、それでも時間つぶし程度かな。


ここで、今年からチャレンジしているタイムスケジュール的分析を一席ぶっておこう。

【イベントタイムスケジュール分析】

1/18の日銀会合を経過して、次の注目イベントは2/1の米FOMCに移った。日経はそれまでは心配いらないだろう。大きな下落に見舞われるのは(といっても長期のトレンドをひっくり返すことはない)、3月10日の日銀会合の内容ががささやかれる頃合い、会合の1,2週間前からだろうか。つまり2月末前後までは比較的安定しているのではないかと踏んでいる。

今朝の日経新聞では、アメリカの金利先物市場において、2/1での利上げ幅を0.25%に縮小することをすでに織り込んでいるという。つまり当面アメリカも安泰だ。よって、完全なイコールではないが、日経も安泰だろう。

しかし、そんな誰もかれもが買いをして儲かる相場環境を、あいつらが長期間許すだろうか?あいつらの養分はわれわれ個人投資家の損失である。どこかで仕掛けてくるのは見えている。買い安心感に揺さぶりをかけてくるはずだ。

実は今週26日木曜日の夜、アメリカGDP速報値の発表がある。筆者はこれが臭いとにらんでいる。

このようなイベントスケジュール分析から予想すると、

月~水曜日上昇、木曜日下落(調整)、金曜日からまた上昇という、ざっくりではあるが、だいたいの見当はつけられそうだ。これを日足のエリオット波動に当てはめると、

月~水曜日・・・3波続伸

木曜日・・・・・4波の調整

金曜日以降・・・5波上昇

てな言い方になるのかな。もしかしたら、4波の調整はもう1日くらい延長するかもしれないと見ておいた方がいいかも。

・・・・・・

こんなような何の根拠もない寝物語を聞かされてウンザリする読者も多数だろうが、仕方ない、これが筆者のやり方である。予想は外れることの方が圧倒的に多いので鵜呑みにしてはいけない。こんな予想法もあるんだな、という程度に聞き流せばいいのである。

では、明日月曜日の予想に移ろう。

結論は決まっている。買いである。ただ、売り玉を外したいのでなるべく先に安くなってほしいとは思っているだけである。


<重要ライン>

①28530~28595・・・日中マド1

②28445・・・週足大抵抗ライン処

③28140~28155・・・日中マド2

④27640~27915・・・日中マド3

⑤27465・・・4時間足小3波目標値

⑥27285~27420・・・日中マド4

⑦27270・・・大陰線高値(12/20)

⑧27225・・・日足大3波目標値

⑨27200・・・200日MA処

⑩26995・・・4時間足小3波N値

⑪26950・・・直近高値

※26910・・・ナイトセッション終値

⑫26905・・・ナイトセッション・バリュー上限値

⑬26780・・・1時間足押し安値

⑭26760・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑮26630・・・新Gファン支持ライン

⑯26555・・・ナイトセッション・バリュー下限値

⑰26545・・・前日日中マド埋めライン

⑱26540・・・ナイトセッション安値

⑲26510・・・5日線処

⑳26470・・・日足ネックゾーン上辺

㉑26345・・・週足支持ライン


<詳細>

押し目と言っても、たぶん月曜日はそれほど大きな押し目は期待できそうもないとは考えている。このまま上昇してしまう確率の方が大きいだろう。最初の30分位ナイト終値近辺でもみ合っているようなら、高くとも買った方が早い。

それでも押し目を狙うなら、26800円前後か。⑬⑭が支持となってくれるので、絶好の押し目買いポイントとなろう。筆者の場合は売り玉を外すチャンスとなる。(その前に買い玉を増やす作業をしてからになるが)。

安値がどこになるかにもよるが、月曜日に限っての上昇目標値を⑨~⑦に置いている。筆者は1枚分利入れするだろう。問題の27000キリ番は無視。27200円台でこそである。

もしかしたら26900円台から27000円チョイの処を往ったり来たりのレンジに終始するかもしれない。イライラするだろうが仕方ない。夢は夜ひらくと我慢するしかないだろう。

水曜日までの高値は⑤を目標にする。上に控える4つのマドをひとつづつ埋める作業に入るだろう。まずはひとつ、が今週前半の目標である。


以上。


0 件のコメント: