2023年1月13日金曜日

【上かな?下かな?】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20230113

弱点露呈。ギャンブル好きの単細胞人間はいつでも損をする。

「買わなくちゃ」にとりつかれていたので、9時すぎ26415円、9時20分も26415円と、バリュー央値をたよりにチャレンジしてみたが、前者は数分持たずに26385円で、後者も9時半に央値に戻らないので即26400円と2連続ロスカットに追い込まれた。自分の妄想にとりつかれたらアカン。

マイルールでは、同じプランでの仕掛けは3回まで。残り1回は慎重に11時10分前に26380円カイ。寄付き坊主であったし、とうに高値突破はあきらめていたものの、夢よもう一度の仕掛けだった。「もち合いになっても損なし」のはず。タイミングはバッチリ。即上昇するも・・・。

しかし、昼飯を食いながら5分足を眺めてビックリ!このゆるゆる上昇は、ジグザグB波やないか~い。で、買い玉はすぐさま26415円で手放した。

そして後場寄り15分後26420円でショート敢行。得意のB波三山ショート作戦に持ちこんだのである。(仕掛け早すぎてあせった場面アリ)ナイトまで引っ張る。

夜も6時すぎに「遅い」と感じながらも26305円で売り乗せ。N値26265円~拡大目標値26155円を狙っていた。

しかし、下げのスピードは遅く、指標発表の10時半には間に合いそうになかたので、1枚を10時15分前に26250円で利確処分。もう1枚を26150円で指値勝負。10時半を迎え撃つ。

結果はあっけなく勝負ありも、筆者の予想よりは下があって損した気分であったが、まあいい。なんとかプラスで終えれた。10時半以降の忙しい相場は苦手で不参加。保有玉の1ペアには変わりなし。

きょうの動きは不明。下がるような気もするし、戻すような気もする。波動がまだ4波なのか、ABC調整波なのか迷っている。今回の上昇新1波の上にも未練があるし、2波の下にもまだ未練がある状況。

要するに、天底どちらにも「こんな程度なのか?」なのである。奇をてらう癖のある筆者らしい。


<重要ライン>

①28510・・・週足大抵抗ライン処

②28530~28595・・・日中マド1

③28140~28155・・・日中マド2

④27640~27915・・・日中マド3

⑤27285~27420・・・日中マド4

⑥27150・・・4時間足大陰線始値

⑦27615・・・日足戻り高値2

⑧26560・・・日足戻り高値1

⑨26470・・・日足ネックゾーン上辺

⑩26410~26495・・・4時間足小天ネックゾーン

⑪26340・・・前日日中マド埋めライン

⑫26320・・・ナイトセッション・バリュー上限値

⑬26315・・・今回下落の61.8%戻し

⑭26280・・・1時間足戻り高値

⑮26250・・・今回下落の50%戻し

⑯26245・・・週足支持ライン

⑰26210・・・ナイトセッションバリューハーフ

※26200・・・ナイトセッション終値

⑱26075~26010・・・日中マド5

⑲26070・・・ナイトセッション・バリュー下限値

⑳25825~25675・・・4時間足底ネックゾーン

㉑25790・・・4時間足Gファン支持ライン&新1波76.4%押し

㉒25615・・・日足ネックゾーン下辺


<詳細>

そんな状態の筆者であるから、きょうはまじめにチャートに取り組む。⑰をボーダーラインとしてどちらに転ぶかを見てみるつもりだ。デイトレ中心のトレードとなろう。

難なく突破するならナイトセッションの上半分の価格帯を埋める動き。よく上がって26400円までかな、日中は。普通なら⑪まで。それ以上はアメリカ任せ。

しかし、下なら下半分と言いたいところだが、この場合は⑲を下抜けてからの足は速いと思う。明るいうちではないだろうが、㉑を目指すとでも考えておこう。それ以上、もう一度キモを冷やすとこまで下げられると感じてもいるのだ。(また深読みしすぎかな)

この意味なら、先に上昇だろう。キモを冷やさせるにはこの程度の天井では低すぎる。


以上。

0 件のコメント: