2023年1月12日木曜日

【そろそろだけれど】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20230112

 自分なりだが、ベストなプレイとは言い難い。

買い遅れ組の筆者の第一弾は9時半ちょい前に、26345円での買い。少し仕掛けが早かったが、「26435円まではいくはず」と以前なら躊躇するような値幅を獲りに行った。

これは今年のフォーム改造目標のひとつ。「自信があるなら100円前後でも獲りに行けるはず!」。10時15分頃、26435円の声を聴いた後26425円で利確した。

これで「5波は終了」と、後場始まり前に26415円で一転ショート。26430円(モール有り)突破にロスカットを置いて万全だ。その前日と違い、下にしっかりとスペースがあると思っているので、セッション跨ぎを敢行。信念には揺るぎがない。

でも、6時前に26385円で処分しちゃった。日中取引のバリュー下限値の26360円以下になかなか落ちてくれなかったからだ。逆に危ないと思った。

それからは買いのチャンスを窺っていたが、10時15分前に26420円買い。「そろそろ動き出す時間帯」である。しかし、これも、ニューヨーク後の動きが不満で26450円で投げ打った。開始前からの上昇にも、その後の大きな上昇に疑問符が付く形となっていたし。眠たいし。

手堅いような、チキンなような。フラストレーションのたまる相場だ。保有玉に変わりなし。

・・・・・・

ほほー、高値引けか。それほど上がっていないのには救われたが、きょうはむつかしいな。5波がダイアゴナル化(ウェッジ)してやがったんだな。実戦現場での判断に迷わされていたわけだ。

きょうが最後か。最後なら打ち上げ花火があるかな。


<重要ライン>

①28510・・・週足大抵抗ライン処

②28530~28595・・・日中マド1

③28140~28155・・・日中マド2

④27640~27915・・・日中マド3

⑤27285~27420・・・日中マド4

⑥27150・・・4時間足大陰線始値

⑦27890・・・前9限月値幅61.8%処

⑧27710・・・前12限月値幅61.8%処

⑨27615・・・日足戻り高値2

⑩26560・・・日足戻り高値1

※26525・・・ナイトセッション終値

⑪26510・・・ナイトセッション・バリュー上限値

⑫26470・・・日足ネックゾーン上辺

⑬26415・・・ナイトセッションバリューハーフ

⑭26410・・・1時間足押し安値

⑮26360・・・ナイトセッション・バリュー下限値

⑯26245・・・週足支持ライン

⑰26140・・・5日線処

⑱26075~26010・・・日中マド5


<詳細>

まだ天井に確信が持てないのであるなら、買わなければならない。恐怖心を払拭してこそである。ダイアゴナルの花火が上がるまでは買い目線。あいつらはどこまでも上げてくる。

お願いだ。安く始まってくれと祈るばかり。⑫の目標値を達成した以上、再度沈んできた処を狙うしか、玉の持ってない筆者に残された道はないのである。

もし、寄りから上がってしまってはさすがに買えない。打ち上げ花火を見学するしかないだろう。

さて、その天井。やはり⑧~⑩だ。この辺ならショートの準備に入る。

が、今夜のCPIが待ち受けるはずなのはご存じだろう。面白いことになってきた。打ち上げの後でもあまり下がらない、あるいは花火自体が上がらない、そんな状態が発表時間まで続いたなら、発表後に暴騰するシナリオも浮上してくる。その場合なら、27000円に届いてしまうかもしれない。頭の片隅にでも。

でも、通常は大きく下がって2波の底を形成しに行くケースだろう。もう1000円近く上がってきたんだからね。

「乖離も大きくなってきたし、そろそろ・・・」←これ絶対ダメ! レンジ好きの方に悪いが、筆者が「レンジ根性」と戒めている、値ごろ感からの逆張り思考。知らぬうちに慣らされて、いわばヤク漬けにされているようなもの。トレンドはどこまでも続く。

なので、売りたいなら先に買う。恐くても買う。その買い玉がヘッジ目的の買い玉となってくれるはずだ。←これは筆者自身への念押しである。


以上。

0 件のコメント: