2022年4月13日水曜日

【買いで応戦】今朝の環境認識とトレード戦略20220413

遂に投げる。

きのうはギャップダウンからの寄付きで予想通りの下げ。で、26600円ショートを建てる。それはいいとして、虎の子のスイング玉をとうとう投げてしまった。それほど深くは押すまいと考えていたのが失敗の元。50%以上下げては負けを認めざるを得ない。26500円で泣く泣く。だいぶ含みも減らしてのことで、うしろ髪引かれる思いは当たり前。

ナイト早くにセッション跨ぎのショート玉もすべて利確し終わって(26300~26350)、今は何も保有していない。今度こそ!の買い玉(26350円)も一部は26550円で利確したが、残りは寝てる間にロスカットされていた。

ショックを引きずっての本日は、あまりヤル気がしないが、それでも買いで応戦する。ナンボ何でも26000円は割らないでしょう。


≪重要なライン≫

①26690・・・5日線処

②27560~27650・・・日中マド3

③26620・・・ナイトセッションバリュー上限

④26525・・・4時間足節目ネックゾーン上辺

⑤26390・・・1時間足節目ネックゾーン上辺

※26320・・・ナイトセッション終値

⑥26310・・・1時間足節目ネックゾーン下辺

⑦26270・・・ナイトセッションバリュー下限

⑧26265・・・4時間足節目ネックゾーン下辺

⑨26205・・・日足③波61.8%押し

⑩26095~25600・・・日中マド2

⑪25210~25200・・・日中マド1


<詳細>

それでも⑨までの下落の不安は捨てきれず、恐れおののくばかりである。寄りから少しでも上昇してくれると売りやすいのだが、先に下落だとゆびを咥えているだけかも。まあ、その分⑨前後になったら買う勇気が出るというものだが・・・。

上手く買えたとしても、その後は26400円を中心とした攻防戦になるだろうから、玉残し作戦は無理かもしれない。


以上。


0 件のコメント: