2022年9月14日水曜日

【もう少し下から攻める】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220914

この下げは甘く見すぎたか。

予定通り指標発表直前まで動かず。また動く気配もなし。保有ウリ玉の含み損が気になったが、せいぜい高値は28500円台だと腹を括って我慢していた。

夜9時過ぎてから、28300円台には戻らず、28400円台に張りつき、今にも高値突破するぞ!と言わんばかりの値動きをみて、筆者が採った一手は、売り買い両保有玉の決済であった。

28450円指値決済売り、28090円指値決済買い

まぐれとはいえ、一時は最高の決済手と思われた。惜しむらくは売りを中止、あるいは売り直しできなかったこと。でも、途中での飛び乗りは、あの急落ではとてもじゃできないだろう。

そして寝る準備に入った頃、28000円を割っていったのを見てさすがに後悔が先立ってきた。でも「まあ、しょうがない」か。両建てのサヤが拡大しただけでも成功としておこう。

きょうは、少し安値更新するかもしれないが、そこからちょっとは戻すか。いちおう買ってみるつもり。でもスイングはやめておく、つもり。(そのわけは、土曜日記事にほんわか)


<重要ライン>

①28595~28655・・・日中マド4

②28430・・・ナイトセッションバリュー上限

③28085・・・5日線処

28070~28210・・・日中マド3

⑤28015・・・ナイトセッションバリューハーフ

⑥27935・・・(仮)ナイト下落の38.2%戻し

⑦27810・・・(仮)ナイト下落の23.6%押し

⑧27745・・・上昇の50%押し

※27650・・・ナイトセッション終値

⑨27630・・・ナイトセッションバリュー下限

⑩27585・・・4時間足節目

⑪27575・・・上昇の61.8%押し

⑫27565・・・Gファン支持ライン

⑬27530~27365・・・4時間足底ネックゾーン

27470~27380・・・日中マド2

⑮27365・・・上昇の76.4%押し

⑯27025~26800・・・日中マド1


<詳細>

「もう少し」というのは、言わずと知れた⑪のこと。これを達成してくれたら、その後あっさり割ったとしても筆者に悔いはない。⑩~⑬まで27500円台には支持ゾーンも多く、いったんはリバウンドするだろうから、そこいらなら買える。たぶん寄付きから損失確定の売りが出そうだし、反転の動きが出るまで時間の余裕もあろう。じっくり構えて買うつもりだ。10時過ぎてからでもいいんじゃね。

また、買う直前に急反発してしまって、これをとり逃がすようなことがあったとしても、別に構わない。上がればどうせすぐに戻り売られる。それから買ってもいいし、売りに参戦してもいい。売る場合は、(仮)だが⑦あたりに注目だね。


以上。


0 件のコメント: