2020年1月18日土曜日

昨日の回答

なんか、やはりバカバカしいのだが、反省もあって書いておく。

ウシオ電機、30分足チャートである。
この30分チャートは金曜日まで書き込まれているが、木曜日の時点でも状況は変わらない。わかりやすいエリオット波動が描かれているからだ。

1/10の高値(1796円)が第3波の頂点で、現在は調整4波の途中である。昨日、もしまともにブログを書いていたなら「1,670円以下になったら、エントリー体勢をとろう」と言っていた。1670円の根拠は、むろんフィボナッチの.618押しの価格である。そして更に欲深く言わせてもらうなら、「第4波は第1波の頂点とは重ならない」というエリオット波動の重要鉄則があることから「どんなに下落しても1653円以下になることはない」とも書いていたろう。

そして思い通りになった。株価は後場1659円の安値をつけて折り返した。終値は1673円。今見てみれば、1660円台で買われている形跡もある。

でも買いかぶってもらっては困る。筆者は買ってはいない。買わなかった理由はいくらでも考えられる。
まず、完全な寄付天井であったこと、金曜日であること、第2波が短期調整であったので、この4波の調整は長引くのでは?と考えたことなど、弱気の虫がうずうずの金曜日であった。

だが、この銘柄が底をうったのは確かなようだ。ただレンジ相場になってしまう懸念はあるだろう。それでも1660円台で買わなかったのは、筆者の大失態。まだまだ修行がたらんなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿