2022年5月9日月曜日

【慣らされた時が危ない】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220509

まだ休みボケしてるようである。金曜日夜からチャートを見だし、少し頭の体操を試みた

が、空想の中でも大損をこいた。たぶん1週間はカンが戻らぬかもしれない。まあいい、ゆ

っくりやるから。

ポジションが〇になっているので気分は楽である。どうせ4波の訳ワカメな波動なので、デ

イトレでの小掬いから再出発しよう。

ならばバリューゾーンに注目だ。


≪重要なライン≫

①27585~27650・・・日中マド4

②27380・・・直近高値

③27185~27235・・・日中マド3

④27040・・・ナイトセッションバリュー上限

⑤26880~27120・・・4時間足節目ネックゾーン

※26800・・・ナイトセッション終値

⑥26720・・・ナイトセッションバリュー下限

⑦26525~26265・・・4時間足節目ネックゾーン

⑧26035~25600・・・日中マド2

⑨25965・・・直近安値

⑩25680・・・日足3波の76.4%押し

⑪25515・・・日足1波頂点(割れたら南無、終了)

⑫25210~25200・・・日中マド1(これは無視してもいいかな)


<詳細>

少し大局的な相場観を披露すれば、筆者は25600円までの下落をあきらめていない。きっと⑧

のマドは、この日足4波の間に埋めるはずだと考えている。逆に言えばマドを埋めることな

く5波に移行するはずはないといってもいい。

しかし、絶対か?と問い詰められれば自信はない。マドをあけたまま上昇するかもしれない

とも思ってはいる。

それと26500円の値頃感だ。固そうに思えれば思えるほど、危ない。あいつらから狙われるも

のだ。

なんとも優柔不断だ。しかし、筆者は決着がつくまではウリ目線でいくつもりである。②を

超えていってしまうか、⑧を埋めてしまうのか、どちらが先でも構わないが、どちらかが実

現するまではウリ目線である。

④前後でS、⑥の完割れでもS、⑦の中に入り込んでも条件付きでSを敢行しよう。

しかし、持ち越すことはない。だって、やっぱ怖いもん。


以上。



【ちょっと宣伝】

昨日上梓した『【株デイトレード入門】ラインからライン、ゾーンからゾーンの狙い方。

という記事は、後出しジャンケンではなく、本日(5/9)の値動きを予想しつつ、ライント

レードのやり方を学べるというという野心的作となっている(と自画自賛)。今回は日本株

が対象の記事だが、225先物やFX、CFDにもそのまま通用するライントレードの教科書と

なるだろう。ただ、株の場合は取引時間が短いので、日足と5分足を利用しているが、24

時間近く取引できるものならば日足を1時間足(2,4時間足でも可)に代用すればいいだ

けである。

昼間思うように時間が取れない兼業トレーダーがスキャル的なトレードを試みる際の参考に

なれば幸いである。




0 件のコメント: