2022年5月30日月曜日

【売りは売りでも・・・】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220530

金曜日は宣言通り「売り」を選択。だが、入った位置が悪く(26880円)、26830円で買戻しを余儀なくされた。本来なら再度入るなりして25750円辺りまで狙えるのだが、波が読めていないのでは仕方ない。

ナイトでは、9時半からの保合い離れを買ってみた(26965円)が、これも27010円で手放すことに。やはり自信が無かった。

でも、大丈夫。きょうからはいつもの強気が戻ってきた。ナイトでの高値がどこまで伸びるのかを見極めてからの勝負となろう。やはり売り目線であるが、この売りは消極的でもある。


≪重要なライン≫

①27585~27650・・・日中マド4

②27380・・・4時間足戻り高値

③27355・・・4時間足ダイアゴナル5波目頂点予想

④27210・・・4時間足天ネックゾーン上辺

⑤27185~27235・・・日中マド3

※27165・・・ナイトセッション終値

⑥27155・・・ナイトセッションバリュー上限

⑦27025・・・前日日中マド埋め

⑧27015・・・バリューハーフ

⑨26890・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑩26870・・・ナイトセッションバリュー下限

⑪26780・・・5日線処

⑫26525~26265・・・4時間足節目ネックゾーン

⑬26075・・・直近安値

⑭25670~25600・・・日中マド2

⑮25500・・・日足1波頂点(実体レベル、割れたら南無終了)

⑯25210~25200・・・日中マド1(これは無視してもいいかな)


<詳細>

まず寄付きからすでに⑥以下に下がっているのなら、価格によっては⑦⑧辺りまでは狙えるだろう。それらを克服できたなら、次は⑩まで期待できそうだ。ポイント、ポイントでその都度反発の動きが出るのは「上昇トレンド」の特色であるから、ショート玉はこまめに利確するのがいいだろう。要するに1回100円前後位をメドにトレードしてみよう。

昨日の週間展望記事であるように、まだ押し目については迷っている状況。であるから、あえて買いは見送ろうかとも考えているが、金曜日のように日中下げたままなら、夜上げると考えて買ってやろうかとも考えている。(もしものことを考えて、買い玉は9月物がいいだろう。上がってしまってはもったいない。)

その場合の決済は明日の朝ということになる。翌日上がるか、下がるか見極めてからということだ。

また朝一番から上がってくるようだと、勇気をもって売ってやる。しょせんは⑤のマド埋めを大きく超えてくるものではないだろう(きょうの処はの話)。


以上。



0 件のコメント: