2022年5月31日火曜日

【様子見から】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220531

9時過ぎてからの27140円ショートは、一瞬喜ばせてくれたが、ハーフバリュー値にも届かず反発を喰らったので、10円だけ頂いて撤退。

筆者としては1,2回軽い押し目をつけながらの上昇を想定していたのだが「そうですか、先に27380円ですか」と気づき、遅ればせながら27220円で買いを入れたのは10時をとうに回ってから(27370円指値利確)。早やとちり、思い込みの強いのは相場では勝てない典型だ。

そして、ナイトでもうひと儲けを企んだが、「アメリカ、休場です」の告知を知って、早々に寝た。昨夜のお祈りは「どうか値を保ったままで」というものである。

さて、のんきな父さんのきょうはどんな作戦を執ろうかな。まだ伸びるのかな、押し目をつけるのかな。きのうの日中は鬼の居ぬ間の上昇だったからなあ。まあ、最初は様子見からかなあ。1波の上昇は底から買っていた方へのご褒美。今さら儲けようとは思っていない。


≪重要なライン≫

①27760・・・4時間足次の戻り高値

②27585~27650・・・日中マド4

③27455~27575・・・4時間足天井ネックゾーン

④27375・・・ナイトセッションバリュー上限

⑤27340・・・ナイトセッションバリュー下限

※27335・・・ナイトセッション終値

⑥27210~26890・・・4時間足ネックゾーン

⑦27055~27025・・・(新)日中マド3

⑧26955・・・5日線処

⑨25670~25600・・・日中マド2

⑩25500・・・日足1波頂点(実体レベル、割れたら南無終了)

⑪25210~25200・・・日中マド1(これは無視してもいいかな)


<詳細>

アメリカ休場日のナイトセッションは信用に値せず、ましてやヨーロッパ時間でも動かなかったのなら、無かったも同然と考えてもいい。

上がるのなら、②③あたりまでと考えて買うし、下げるのなら⑦のマド埋めを期待して売る。それだけのことだ。筆者のルールでは、目標値まで200円以上、少なくとも150円くらいないとエントリーはしちゃダメ!となっている。筆者の技術レベルでは、その半分くらいしか儲けることができないからだ。

そのリスクに見合わなければ飛び乗ったりはしないというわけで、買う場合なら、27450円以上の位置では「あきらめ」となる。

どちらにせよ、寄付きからは仕掛けず、10時からが本番と見て対処することになろう。

ウダウダと書いたが、要するに「様子見やんけ!」。


以上。



0 件のコメント: