2022年7月24日日曜日

【売り目線一色】日経225MINI先物・月曜日の環境認識とトレード戦略20220725

10時45分の指標発表直後のた高値更新から急落したのを追いかけての27900円ショートはよかったが、今夜の収益用にと一呼吸おいての追加ウリ=27855円玉は、+35円の逆指しを見事に刈られていた。酒がまわって、うとうとしていた間の出来事で、2波の反発のことを忘れてのいい加減な逆指し設定であった。反省。

これでポジションは買い1(25875):売り1(27900)で、いちおう形は作れたか。

月曜日は上げ下げどちらが先かでトレードは限られてくるが、最終的には下げるだろうからショートに分あり。上れば売る。


<重要ライン>

①28680・・・3波大目標値

②28350・・・日足前回高値

③28090・・・4時間足ネックゾーン上辺

④28065・・・3波小目標値

⑤28005~28120・・・日中マド2

27925・・・ナイトセッションバリュー上限

⑦27845・・・ナイトセッションバリューハーフ

※27695・・・ナイトセッション終値

⑧27660・・・ナイトセッション76.4%押し水準

⑨27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑩27600・・・ナイトセッションバリュー下限

⑪27570・・・5日線処

⑫27540・・・③ー3波23.6%押し水準

⑬27460・・・4時間足押し安値

⑭27340~27030・・・日中マド1

⑮27285・・・③ー3波38.2%押し水準

⑯27080・・・③ー3波50%押し水準

⑰27040・・・4時間足③ー1波頂点


<詳細>

大きく上がってくれればくれるほどうれしくなってくるが、その最大値は⑦。27800円程度では売り建てたい。そして再度⑧を割ってくれば安心圏だ。

ただ、寄付きから先に下落してしまう確率も半々。⑩や⑪までのわかりきった下落なら、デイトレ対応で少し買ってみるかもしれない。そして上がればド転ショート。

が、⑫の完割れならどこかで売り場を探して売ることになる。上手くリターンムーブがあればいいが。

⑭の手前ではちょっとした反発があるだろうから、27400円を割れたなら試しの買いをするかもしれない。マドを全部埋めずに上に行ってしまうこともあるからだ。今回の③ー4波の調整はヨコヨコっぽい感じ、つまり押しの浅い修正波になるかもしれないし。


以上。


<お知らせ>

昨日記事『エリオット波動/見込み波という考え方について』は一部不備を見つけた為、先ほど追加原稿を数行入れました。よろしければ再読よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: