2022年7月14日木曜日

【売り目線にて】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220714

きのう寄付き直後の安値を拾えず、11時前の安値も「26300円前半じゃなきゃ要らねえや」とやり過ごし、日中の相場をノープレイで通過したのは山カンが働いたせいだろうか。

指標発表後にでも上がるだろうと思い込んでいた筆者だったが、希望の安値はやってこなかった(26300円前半でも切らされてはいたが)。なので発表直後の急騰からすぐの下落を拾うことができた。26225円。これは26200円割れたら即ロスカットの条件付きのバクチトレードだ。

しかし、こんな危ない橋を渡るバカなトレードにもかかわらず、26300円であっさり利確終了としたのは、やはり上昇に不安があったせいだろう。大きく儲けれなかったのは失敗。

4時間足は火曜日に修正波との烙印を押され、頼みの1時間足はナイトセッションで淡い期待を剥がされては、もう下を向くしかない。下に添付した日足チャートはやはりトライアングル修正であろう。4波目の下落途中のように見える。下ラインに届くまでは売り中心で稼ぐつもりだ。


<重要ライン>

①28005~28120・・・日中マド2

②27655~28090・・・4時間足天ネックゾーン

③27585・・・4時間足大きな3波N値

④27410~27735・・・日中マド1

⑤27235~27245・・・時間足空白ゾーン(6/26記事参照)

⑥27040・・・4時間足戻り高値

⑦26690・・・4時間足Gファン上ライン

⑧26560・・・前日高値

26540・・・ナイトセッションバリュー上限

⑩26505・・・4時間足ネックゾーン上辺

※26470・・・ナイトセッション終値

⑪26415・・・(仮)ナイト上昇の23.6%押し

⑫26325・・・バリューハーフ

⑬26250・・・ナイトセッションバリュー下限

⑭26205・・・ナイト安値

⑮26120・・・4時間足ネックゾーン下辺

⑯26075・・・4時間足Gファン下ライン

⑰26000・・・日足トライアングル下辺処

⑱25890・・・4時間足前安値


<詳細>

そんな筆者としては、伝家の宝刀=23.6%押し割れでのショート戦略は頼もしい限りだ。高値を更新するならそのたびに計算し直さなければならないが、更新が無いようであれば⑪は絶好の指標となる。

上手くハマれば⑬までは期待できるだろう。ただ、ホントにトライアングルの下落なら⑰辺りまでは狙えるので、売り玉1枚は残しておくつもりである。そして5波動目の上昇を狙うのはそれからになる。

とはいえ、短期時間足はまだ上への期待を残しており、本日日中は少し上がるかもしれない。そして⑧を超えてくるなら悲観的な見方は少しは和らぐだろうことも付け加えておく。デイトレに限ってなら、⑨を完全突破で少し買ってもいい。


以上。





0 件のコメント: