2022年7月5日火曜日

【信じるより術なし】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220705

先週金曜日の勝負日は、夜11時過ぎるまで断酒したかいがあったのか、思いもよらぬ上昇に有頂天になっていた休日の間だけ。明けてみればGDからの急落でがっかり。売りヘッジする間もなく、また「根拠なき安心感」から手立てが遅れ、ホールド玉の1枚は20円で手放すはめに。

その後、恐るおそる25950円で買ってみたが、結局は含み益を減少させただけの負けトレードである。ナイトはアメリカ休場とかで、一発に賭けるチャンスもなく早々に寝た。

ホールド玉はカイ2(25875、26950)となっている。まだ不安定な値位置のような気がしている。

きょうはきのうの再戦のような感じ。どっちに転ぶか皆目見当がつかない波動なのであるが、筆者としては25810円を2番底であると信用する他なく、したがって上を向いて歩こうと思っている。


<重要ライン>

①28005~28120・・・日中マド2

②27655~28090・・・4時間足天ネックゾーン

③27410~27735・・・日中マド1

④27235~27245・・・時間足空白ゾーン(6/26記事参照)

⑤26880・・・4時間足反転目標値

⑥26520・・・下落の50%戻し

⑦26505・・・4時間足戻り高値

⑧26455・・・4時間足Gファンライン上辺処

⑨26395・・・4時間足底ネックゾーン上辺

⑩26350・・・下落の38.2%戻し

⑪26325・・・前高値

26260・・・ナイトセッションバリュー上限

⑬26250・・・26325円からの14.6%押し

※26235・・・ナイトセッション終値

⑭26205・・・26325円からの23.6%押し

⑮26200・・・4時間足Gファンライン下辺処

⑯26140・・・ナイトセッションバリュー下限

⑰26060・・・4時間足底ネックゾーン下辺

⑱25810・・・直近安値


<詳細>

4時間足の1波目は3波動構成のようなので、調整波の域は出ないかもしれないが、最終的には④まではあると信じてトレードしてみようと思っている。

⑫突破なら強気転換ラインの⑬も突破したことになるから、最低限15分足ででも達成したなら買い増ししようとの計画だが、一番いいのは寄付きから先に下げて⑯での買いというのは当然だろう。

しかし、きのうもだが、思った目標値を少しだけ達成せぬうちに上がったり下がったりしているので、売り買いとも非常にやりにくい相場環境である。エントリーにも気を使うし、利益も大きくは狙えず、⑩、⑦などの節目でこまめに利確していくしかないだろう。

逆に⑭の完割れなら、きのうのような急落もありうる。上手くショートをかませられればいいが、下に⑯が控えているので、下値も限られると懸念して筆者はたぶん手は出ないだろう。この場合は下げるだけ下げさせて買うしかない。(下げの限度はあるが)。


以上。


0 件のコメント: