2022年7月3日日曜日

【少なくとももう少しある】日経225MINI先物・月曜日の環境認識とトレード戦略20220704

 金曜日は買う気マンマンだったが、朝イチから26500円以上に上昇されては買う気も失せた。で、バリューハーフ26310円割れからの寄付き値割れなら、もう買い目ナシ。素直に26245円ショート&ホールド買い玉決済を断行した。

後は口約とおり25875円(76.4%押し)までノンストップ。後場始めでストップしようかとも考えたが、昼休みに入ってするする下がっていったので、最後まで付き合った。買ったのは2時を回ってから、26875円で。含み損が出て焦ったが、別の計算で「下落は25730円まで」と出していたのでガマンできた。

そして、引けにかけて上がる気配がみえたので、26905円でもう1枚仕込んだ。売り玉は2回に分けてすべて決済している(平均26900円辺)。







ナイトではマド明け上昇なので、26950円でも買い増ししたが、これはふるい落としに会い+30円で終わっている。この1時間足チャートにあるように例のB波三谷ロング戦術により、獲れる相場であったが、ちょっと気力が萎えた。ふがいない。

以上、ホールド玉はカイ2(25875、26905)だ。なんとか26905円玉は耐えた。(というより逆指ししてなかった、が正解。)

明日、月曜日。この買い玉1枚はホールド継続は当然だが、デイトレ分としてはどうしようか。チャートでわかるように相場は買い転換しているのはマチガイないのだからついていくばかりだろう。


<重要ライン>

①28005~28120・・・日中マド2

②27655~28090・・・4時間足天ネックゾーン

③27410~27735・・・日中マド1

④27235~27245・・・時間足空白ゾーン(6/26記事参照)

⑤26880・・・4時間足反転目標値

⑥26625・・・4時間足ネックライン

⑦26520・・・下落の50%戻し

⑧26505・・・4時間足戻り高値

⑨26460・・・5日線処

⑩26405・・・1時間足3波目標値

⑪26395・・・4時間足底ネックゾーン上辺

⑫26360・・・4時間足Gファンライン処

⑬26350・・・下落の38.2%戻し

26315・・・ナイトセッションバリュー上限

※26325・・・ナイトセッション終値

⑮26205・・・(仮)26325円からの23.6%押し

⑯26115・・・1時間足1波頂点

⑰26060・・・4時間足底ネックゾーン下辺

⑱25950・・・バリューハーフ

⑲25895・・・ナイトセッションバリュー下限

⑳25810・・・直近安値



<詳細>

とりあえずは⑩までいかないと、4時間足が推進3波であるとのシナリオは成り立たない。譲歩しても⑬以上である。なので、それに見合う押し目をつけてくれるなら買うし、気配強く下げないなら、目先の(3波の)天井を見届けてからの押し目を買うだろう。リスクに見合った利益が予想できないなら買うべきではない。

その押し目とは、当然ながら1時間ベースでは最大⑯まで。それを割るようならロスカットだ。

また、1時間足で5波動あってから、23.6%以上に押してきたならショートで応戦するのはいつも通り。ホールド玉のヘッジに必要だ。


以上。






0 件のコメント: