2022年3月15日火曜日

【下落待ち】今朝の環境認識とトレード戦略20220315

状況は変わっていない。ナイトは前日のハラミになっているだけだ。

きのうの寄りからの急騰には驚かされたが、よく考えれば「ダマシのB波」であった。買いは当然ついていけず。なので、25400円(ナイトバリュー上限値)からの反落を見て、まずは軽く25350円でS1枚。15分足の上髭陰線を見て、25265円でもS。25265円分は1枚を残して25125円で利確した。

玉操作は売りのみ2枚(25350、25265)の保有である。じっと下落を待つのみ。

≪重要なライン≫

①27850~27640・・・日中マド1

②27305~27230・・・日中マド2

③26240~26190・・・日中マド3

④25825・・・61.8%戻し

⑤25535・・・50%戻し

⑥25525・・・日足節目

⑦25525~25735・・・4時間足抵抗ネックゾーン

⑧25515・・・直近高値(前日高値)

⑨25390~25480・・・1時間足抵抗ネックゾーン

⑩25240・・・ナイトセッションバリュー上限

⑪25210・・・日足節目

※25060・・・ナイトセッション終値

⑫24960・・・ナイトセッションバリュー下限

⑬24900・・・前日安値

⑭24770・・・1時間足2波61.8%押し

⑮24760~24360・・・4時間足支持ネックゾーン

⑯24720・・・4時間足押し安値

⑰24575・・・1時間足2波76.4%押し

⑰24540・・・日足節目

⑱24310・・・直近最安値


<詳細>

前日のハラミというよりも、⑦と⑮、二つのネックゾーンの間の往来相場が続いているだけで、早い話がどちらを先にぶち抜くか、であろう。あるいはぶち抜ことができず反転するかである。

筆者としては週末記事通り、⑮の中にいったん入ってから反転上昇するシナリオが理想。⑮の中での買い場探しである。

逆に⑩を超えて上昇してしまうなら、売り玉はいったん全撤退。買うか売り直すかはその後の展開次第だ。


以上。


 

0 件のコメント: