2022年3月1日火曜日

【急騰急落には逆張りで】今朝の環境認識とトレード戦略20220301

きのうはギャップダウンの寄付きからの下落で、押し目探りは簡単だった。9時すぎの26280円までの下落があった後に買った26305円玉は、残念ながら高値では利確できず+20で切らされた。その後買直しを躊躇していたら、当日高値まで上昇してしまい、万事休す。が、ラッキーなことに再度26300円割れまで下落した昼休み。このチャンスを逃すまじと26285円で買い建てた。1枚だけ残してホールド中だ。

ただ、この買い玉は筆者的に安全圏とは言い難く、上でショートを建てるか、近くまで下がってきたらカット予定だ。

きょうもニュースで振らされるかもしれない。というか、何が飛び出してくるかわからず、順張りでついていくのには抵抗がある。当分は逆張りがいいだろう。


≪重要なライン≫

①27885~28095・・・日中マド1

②27545~27480・・・日中マド2

③27325・・・76.4%戻し

④27145・・・4時間足ネックゾーン上辺

⑤27000・・・日足節目

⑥26995・・・61.8%戻し

⑦26975・・・戻り高値

⑧26885・・・ナイトセッションバリュー上限

⑨26845・・・4時間足ネックゾーン下辺

※26640・・・ナイトセッション終値

⑩26525・・・ナイトセッションバリュー下限

⑪26505~26325・・・4時間足ネックゾーン(支持帯)

⑫26460・・・38.2%戻し

⑬26445・・・日足節目

⑭26400・・・5日線処

⑮26250・・・前日安値

⑯26130・・・23.6%戻し

⑰25595・・・最安値(当面の底見立て)


<詳細>

今週は27300~26100円程度のレンジ相場だと想定しているので(昨日ブログ記事を訂正)、この間の逆張りで臨む。

ただし、デイトレ的には上下バリュー値が重要であり、平穏な相場付きなら⑧や⑩が本日の高値や安値に相当すると考えてトレードするだろう。どちらを先につけにいくかが肝心。


以上。


0 件のコメント: