2020年7月2日木曜日

【シグマクシスは落ちるナイフか】

シグマクシスはカラ売りできずだが、今日が勝負の日になるかもしれない。厳重注意銘柄に指定する。コメリは今日の動き次第、きのうは悪すぎた。もっとも上がっちゃたら買わないけどね。逆に千趣会はもう1日上がってほしいところだ。

筆者の場合、2時前後からの急騰、急落にはどうしても躊躇してしまう性格で、昨日はシグマクシス以外にも2、3のカラ売りを逃している。何とか克服したい。

今日は先週失敗トレードになったシグマクシス<6088>を再度取り上げる。だいぶ落ちてきたからね。

先週の6/24の記事はボリンジャーバンドのすぼまり状態を囃し立てたものであるが、その根本には、この銘柄の波動がエリオット波動・第5波だと数え間違いしたことがある。実際には図にあるように、第4波調整中であった。訂正するとともに、4波なら単純に上昇とする判断はなかったことを悔やむばかりである。

しかし、損切りもしっかりできたことだし、終わったことを嘆いていても始まらないので前に進む。

そのボリンジャーバンドだが、ここ数日の短いナイアガラでバンドは拡大中。バンドウォークがどこまで続くのか、そして2つの多重帯を下割れしている状況の今、ホルダーさんは頭が痛いところである。しかし、ファンダメンタルはともかく、波動が4波中であることに間違いがなければ5波という上昇は必ず来る。希望の光は消えていないのである。

ではその希望をつかみ現実のものとするために、どこで腰を上げなければならないかである。それは今でしょ、今週でしょ。

2本の赤い水平線は上が3波のフィボナッチ比率50%押しラインと下が61.8%押しラインである。きのうの安値はその50%押しラインにあと数円と迫った。第1の買い場であると言える。しかし、この4波が短期的なものに終わらせるためには、更なる値幅調整が必要である。そうでないといつまでもダラダラとした保ち合いが続くからである。

なので筆者としては、50%押し1541円を通り越して、61.8%押しの1434円への下落を望んでいる。少なくとも1500円割れを実現してくれるなら、本日第1回目の仕込みを行う予定である。

今思い出したが、高値と高値を結ぶラインを引いてみよう。そしてそれと平行に6/15の安値からチャネルラインを引いてみよう。ここ2,3日のうちに1500円は割れるようになっている。そのラインにナイフはきっと突き刺さる。どこに隠れているか、鬼さんは全部お見通しなのである。

以上、天井騒ぎの【今日の詭弁】でした。ご清聴ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿