2020年7月7日火曜日

【マルマエは空前の成長期へ】

昨日は寄付からの急騰で、先物は22600円の大事なスイング玉を手放す羽目に追い込まれた。「今日は危ない」と感じたため、ロスカットではなく22470円で一応利確したが、それから買いエントリーすることもなく、回転休業の時間だけが過ぎ去ったような日であった。
個別銘柄といえば、我が監視銘柄に関しては一向に動く気配がなく、これもただ見てただけ。昼1時過ぎにはやる気をなくしていたようである。ただし寄付値で買うことになった三陽商会は期待通りの上昇で、マイルール通り+5%の342円で利確できた。最後まで持ってれば3倍儲かっただろうが、マイルールなので仕方ない。もう当分この株に用はない。

そんな昨日であったが、きょうはどうであろうか。先物ナイトは順調な時間調整をこなしたようで、筆者の予想に反して上へのトレンドが発進してしまうのだろうか、見物ではある。

ところで最近調整を余儀なくされていた半導体関連や、IT関連がちょっとずつだが買われてきたように思う。注目のセクターなだけに、ひとつ銘柄を取り上げてみたい。

これはマルマエ<6264>の日足チャートであるが、なんと美しい足取りを見せてくれているのであろうか。3日前に多重帯を形成しエリオット波動・第3波を不動のものとしたが、昨日は堂々とその多重帯を上抜いてきた。ばかりか、前戻り高値(赤い水平線=1167円)をも明確に上回ってきたのである。

日本株全体に急変がなければ、これからどんどん伸びていく器であると見込んでいる。いつもの3波計算では1613円以上が見込まれるだろうが、仮に1波の1倍程度しか伸びなかった場合でも1323円までは期待してもいいのではないかと思うのだ。

筆者としては、スイングでこの株を仕込みたいのだが、思い通り押し目を作ってくれるかは疑問だ。その意味では日経の昨日の上昇がダマシで、また元のヨコヨコになってくれると嬉しいのだが、今日あたりはそうもいくまい。この株も日足レベルでの反落はなさそうだ。

そうなるとデイトレで当分の間ガマンするしかない。値動きがいいので毎日でも「買い」で儲かりそうだ。上記多重帯(1160円~1087円)をロスカットゾーンにして戦う所存である。まずは本日先に1160円を下回ってくれる展開なら迷わずエントリー。逆に上寄りなら様子見を決め込むことになるだろう。いつものやり方である。

以上、天井騒ぎの【今日のたわけ話】でした。ご清聴ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿