2020年7月17日金曜日

【GMO、お前もか!】

大有機はよく下がってくれたものだ。この株のカラ売り成功がなかったら、きのうも残念な結果になっていただろう。Cタイムに△15円の損切りを決行した後、ド転気味に2950円でカラ売り参入。+100円以上にはなった。

一昨日の23000円越えは何だったんだろうか。その日のナイトで弱気派を完全卒業すると決心しかけたが、ムードが悪くなってきたので様子見をしている最中である。まあ、再度23000円越えがあれば、今度こそ強気派に転向するつもりだ。

日経に暗雲が漂っているのは国内事情によるところもあるが、やはり米国のコロナ事情に起因することが大きいのでは。ナスダックがちょっと危なそうな雰囲気だ。そのあおりを食ってかどうかは知らないが、今日のGMO<9449>が属するネット関連がこのところ元気がない。利益確定に動いているような感じだ。

この日足チャートからは、多重帯(ピンク枠3100円~2919円)や、25日線(青色線)から落下したことがうかがえるが、波動自体も右肩下がりでいかにも軟調といった言葉そのものの値動きである。今後は25日線復帰への攻防が焦点だが、筆者の見方を言うなら、200日線(緑線、現在2225円付近から上昇中)に限りなく近いところまで下落トレンドが続くのではないかと踏んでいる。まあ、何の根拠もない、ただただ恐怖感にとらわれた、ただの予想であるので無視してもらっても結構であるが・・・

そこで問題になってくるのが、どのような下落トレンドの軌跡を描くのかである。一気の暴落か、なだらかなトレンドか、それとも・・・
これも何の根拠もない、ただの感想であるが、筆者のイメージとしては、図中に矢印を書き入れたように右肩下がりの抵抗線とそれを平行移動したチャネルラインとの間でのレンジ相場になるのではないかと思っている。

ただこの予想にはひとつ条件があって、今日の終値が前回安値の2858円を割ってもらうのが前提である。この数字を割ることがなければ、そのままレンジか、また前の上昇トレンドに戻ってしまうだろう。

この前提条件を実現した上で、チャネルライン下辺から上昇して上辺にタッチしたらショートしたいと思っている。チャネルライン下辺での「買い」はしない。ちょっと自信がないからだ。したがって、この株をスイングトレード(S)するにはまだ時間があるわけで、今日はカラ売り目線でのデイトレでお茶を濁すつもりである。このカラ売りは、もちろん上記2858円割れを狙ってのトレードであるが、チャネルラインなんか一気に割れるような暴落をも視野に入れている。上向きとはいえ、200日線のゆるゆるとした上昇なぞ待ってはおられない。こっちから近づいてやろうという魂胆である。そしてその時は押し目底を狙っての買いをするつもりである。この買いはエリオット波動3波になりうる波動を狙っている。

以上、天井騒ぎの【今日のべらぼう】でした。ご清聴ありがとうございました。

【今日の勝負気配アリアリ銘柄】 北の達人

0 件のコメント:

コメントを投稿