2020年5月20日水曜日

【これは3波や否な】

ハンドル部分を形成中なのであろうか、デンカの上昇は嫌に神経質である。今日には爆発してもらいたいが・・・米ダウが朝方急落していたようなので心配だ。

本日は筆者の監視銘柄の中からひとつ。筆者のネタの仕入れ先は毎日の「出来高急増銘柄リスト」からであるが、4日前に浮かび上がってきた。その後3日間その日足の値幅の中で保ち合っている。もちろん上放れを待っているのである。

チャートを示した方が早いか。
メガチップス<6875>である。いいとこ突いてきた。

しかし、待ってはいるのだが、神経質な筆者はその間にもいろいろ考え込んでしまう。4日前のマド明け急上昇により、エリオット波動でいうところの第3波動入りを果たしたのかどうかだ。このまま買えたとしてずっと持っていても大丈夫なのかどうか、マドを閉めた後もそのまま下にいってしまうのではなかろうか、などと心配が先に立ってしまうのである。(そしてなかなか打ち込めないでウジウジしてる間にチャンスを逃してしまうことはよくあることだ。)

まず、高値1924円の意味は何なんだろう。確かに図・左の高値に肩を並べたことを意味するのは当然だ。ここで精一杯の戻りなのではないか?

第1波の値幅1045円→1637円=592円を2波の底に加えると1915円!1波の1倍程度で終わるというのは、ここでジグザグ調整は精一杯なのではないか?

やはり、このまま上がらずに一転下落してしまうのではなかろうか。etc.

しかし心配しなさんな。この株は第3波入りをきっちり果たしている。

2波から3波に移行する際信頼できるのは、この株のようにマドを開けての上昇なら信用できる。連続したローソク足での新高値更新なら信用度に欠けるし、なによりわかりづらいものだ。この株の場合は200日線を飛び越えて一気にマド明けを果たしているが、これ位大きなマドなら更に信用度が厚くなる、と覚えておこう。

よし、わかった。3波なんだな。買うよ。

それではどこまで期待できるのか。計算しよう。3波は1波の1.618倍以上の値幅になることが通常である。この場合は592円✖1.618+1323円=2281円以上になるっていう寸法だ。400円前後の利益ではないか。悪くないだろう。2400円位に上値抵抗ラインが引けそうなのでもしかしたらそこまで狙えるかもしれない。たまんないな。

で、どこで買うのか。
本日保合いを上抜けてきたらもちろん乗っかるべきである。そのままするすると上昇してしまうだろう。押し目は期待しづらい。が、まだ数日ウロウロしているようなら、いったん下放れることも考慮すべきだ。大丈夫。マドをすっかり埋める程には下落しない。たぶん半分くらいだ。その時になって慌てないように今から心がけしておこう。そしてその下落は見逃さず、しっかりと掬うべきである。いったん上昇に転じたらそのままするすると上昇してしまうだろう。押し目は期待しづらい。

以上、天井騒ぎの【今日の狂言】でした。ご清聴ありがとうございました。









0 件のコメント:

コメントを投稿