2020年2月21日金曜日

【買い】Klab(3656)はボリンジャーバンドを活用する

なかなか大きく勝たせてくれないね。前日上がったものは翌日大概売られる。今の地合いがそうとは言え、そんな銘柄ばかり選んでやってるような気がする。昨日はZOZOをショートしといてよかった。

しかし、今日のロング銘柄はいつもとは趣きがチトちがう。さっそく日足を鑑賞だ。

長期の足を見ると、とても買えたものではないが、直近の動きからは買える。

図の緑色〇印で囲った部分

十字線+陽線=買いサイン

よくスイングの教科書に載ってるやつである。この陽線の高値を上抜いたら、買いエントリーとなる。陽線の高値は前日の高値を超えていなければならない。つまりダウ理論に則った法則だ。

重要なのはボリンジャーバンドとの併用が功を奏するということ。底値とされるマイナス2σ以下の位置での十字線の出現でなければ、効果はない。

利確目標は、反対側のプラス2σ(今回は850円辺)とのことだが、こんな地合いだし、中央の25日移動平均線までなら、本日、明日にでも到達するだろう。今回の例なら800円位だろうか。

陽線の翌日、つまり今日は反落する例もよく散見されるようだ。その場合は翌日に仕掛けるのがいいだろう。いつもの筆者のやり方だとそんな場合に備えたエントリー方法での「買い」となる。740円台で買えれば最高だ。

この買いサインが銘柄の長期低迷の払拭につながるかもしれない。筆者にはそんな気がしてならない。とは、やっぱり欲目か。

尚、この十字線+陽線の買いサインは、天井圏では十字線+陰線=売りサインとなることは言うまでもない。

以上、天井騒ぎの【今日の朝令暮改】でした。ご清聴ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿