2020年3月12日木曜日

【短・中スイング売り】9513Jパワーの下落は始まったばかり

後場の売り攻勢にを油断してたせいか、含み益の大部分を削らされての利確は反省大。やはり手抜きの悪癖は治らぬのか。シークスは寄付から弱く、空売りできずじまい。ここら辺でのウリは筆者には無理だ。

今日は、一見強そうな銘柄をピックアップしてみた。2日連続の陽線で、底を脱したかのように見える。しかも初日など下ヒゲまで長く引いて、初心者の買い心をくすぐらせるには十分であろう。
だが、ちょっと長めのスパンを見れば、この株が下落トレンドに入ったのは明らかであって、ここからのスイング買いはない。間違ってもV字回復など、この株に求めてはいけない。

たぶん買い手の思惑は週足での水平線(2200円処)だろうが、そんなものはいったん下抜けてしまえば弱いものだ。

筆者が頼りにしている10日移動平均線を本格的に下回ってから、まだ12日間程度。あと8日は保合いか、下落のトレンドが続くと見た方がいいだろう。

ウリのエントリーポイントはどこか。10日線が2226円、マド埋めが2209円。やはり上記週足の水平線がのあたりで、ここら辺はウリ・カイの攻防線である。

しかし、アメリカさんのあおりで今朝の日経ナイトはあいにくの大幅安。この銘柄も高く始まりそうにない。GUしての寄付になりそうなら成行で参入!と意気込んでいたが、安く始まるのだろうか。決戦は明日以降かもしれない。今日は前日寄値付近まで下落すれば、デイトレ限定で買ってもいいと思っているが・・・節操がないか。

以上、天井騒ぎの【今日の風まかせ】でした。ご清聴ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿