2020年6月5日金曜日

【今野、ここから上はあるんか】

今朝は時間がないので簡単にまとめる。

銘柄はシステム情報<3677>だ。
この日足チャートは見事な上昇であるが、昨年8/19につけた最高値を突破してから2日間続落した。正念場である。こんなスパイク的な上昇の後は、下落する時も一方的になりやすいので注意。25日からの乖離率から言っても、やはりいったんは売っておきたいところである。

前日安値を割れたら、ウリが一気に入る。

次のチャートはマザーズ指数の日足である。

そっくりであろう。つまり、この株はマザーズ指数と同じ動き方をする。指数の分足を横目でにらみながら、トレードするのがいいだろう。

また、筆者は日経225MINI先物もトレードしている関係上、そのチャートも見ている。それによると、日経は膠着状態である。22980円~22460円の保ち合い相場となっており、この保ち合いを上下どちらかに抜けない限りは動きにくいだろう。この株に限定したことではないが。

週末だし、全体様子見商状になるかな。

以上、非常に簡単だが、天井騒ぎの【今日の場当たり】でした。ご清聴ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿