2020年6月1日月曜日

【そろそろ再始動か】

今日から6月入り。今月も手堅くいきたい。
さっそくテクニカル分析を試みる。

4月半ばに3度のストップ高急騰を演じたのは記憶に新しいだろう。テレワーク関連のテーマ株でる、アステリア<3853>である。日足チャート①~④のエリオット波動でわかるように、現在は第4波動、そして狙うのはこの後の第5波動上昇である。その上昇の時期がいよいよ近づいてきたようなのだ。上に控える多重帯(630円~551円)は分厚く手強いが、それを突破するテーマ力は十分である。

上昇が近いといった理由は、図に水色で書き入れたU字底パターンである。5日前陽線でそのネックラインを上抜けてきたからである。今度は60分足を見てみよう。

U字底のネックラインを上抜けたといっても、ダマシが多いものだ。再度下落して、もとの保ち合い状況に戻ってしまうことの方が多いかもしれない。そのダマシを完全に見破る方法はないが、比較的信頼できる上抜けは、日足の内部波動(この場合は60分足)が、図に書き入れたようにキレイな逆三尊型の底入れになっているということだ。3点の底位置や、ラインの長さが均等に並んでいるチャートを選んでみよう。信頼性はぐっと増すはずだ。

株価はここ数日間、そのネックラインの少し上でどちらに行こうか戸惑っているように見えるが、500円台は格好の買い場と思える。即日買いたい。

唯一の懸念は、再度下落してカップ&ハンドルにならないかということである。しかし、それもこの株の近い将来の上昇を確約するようなものである。下落したなら買い増しても報われる。

以上、天井騒ぎの【今日の当てずっぽう】でした。ご清聴ありがとうございました。




0 件のコメント:

コメントを投稿