2022年6月2日木曜日

【遅ればせながら買いに転向】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220602

儲け損なった。連日そうなので、きょうからは押し目買い作戦に転向。

やっとこさ、今度こそ、性懲りもなく、舌の根も乾かないうちに、なんとなく波は読めたような気がする。まだ上はあるようである。

昨日記事の後、緊急追記を入れたように、上にも一直線があるかもしれないという準備ができていた。が、プレステージはエントリーしないというマイルールに縛られてと言うか、おかげでもあり、ショートはできなかった。もしジリ高だったなら即ロスカットになっていたろう。といっても、カイもできなかったのだが。

買ったのは引け近くの27440円1枚。もう一度下落から這い上がってきたからであるが、ナイトでももう一丁あるかもという、これは動物的カン、いやバクチかな。

しかし、チキンはやっぱりチキン。寄付きGUで利確させてもらった。それだけ。

ついてるのか、ついていないのか、ようわからん。



≪重要なライン≫

①27760・・・4時間足次の戻り高値

②27695・・・日足200MA

③27615・・・ナイト高値

④27585~27650・・・日中マド4

⑤27575・・・4時間足天井ネックゾーン上辺

⑥27570・・・ナイトセッションバリュー上限

※27460・・・ナイトセッション終値

⑦27455・・・4時間足天井ネックゾーン下辺

⑧27320・・・ナイトセッションバリュー下限

⑨27280・・・5日線処

⑩27240・・・4波ジグザグならN値

⑪27210~26890・・・4時間足ネックゾーン

⑫27145・・・4時間足③-1波頂点

⑬27125・・・現上昇波23.6%押し&4時間足支持ライン処

⑭27055~27025・・・日中マド3

⑮25670~25600・・・日中マド2

⑯25500・・・日足1波頂点(実体レベル、割れたら南無終了)

⑰25210~25200・・・日中マド1(これは無視してもいいかな)


<詳細>

4時間足の上昇波動をダイナゴナルとしたのがもともとの間違いで、ただの1波だとシンプルに考えれば簡単であった。新1波誕生!などと宣言しておきながら、随分と遠回りしたものだ。エリオット波動理論のにわか仕込みが露呈した。

で、今はその③ー3波が終わって、③ー4波に入ったのではないだろうかというのが結論である。

従って、まずは4波の押し目を拾うことに全力を傾ける。ズバリ!⑩、⑪の入り口あたりだろうか。

それまでは売ることができるが、やはり23.6%押し=27350円を下回ってから安全だ。③ー5波が終わっていない可能性や、すでに③ー4波が終わってしまっている可能性もあるからだ。

逆に朝から27565円を超えてくるようであれば、買ってみるか。つまり、⑥の完全突破だ。


以上。



0 件のコメント: