2022年6月15日水曜日

【いやいやながら売りにされ】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220615

 FOMCを気にして下落したのだから、それが終わるまでは上がりっこないのは当然だ。従って、9時半すぎから上昇したところをショート=26535円。少し遅れたのはバリューハーフに届くのを待っていたからで、10円届かずに反落してしまったのを見ていたせい。で、利確はバリュー下限のちょい前26380円。ナイトは事情でバックレたので、きのうのトレードはそれだけ。

ただ、日中マドの3空成立を見逃していた。これなら寄付き近辺から立ち向かいのカイもできたかもしれない。

きょうも日中は特にいつ急落があるかわからないのなら、ウリ一択で仕方ない。噴きあがった処は景気よく売っていきたい。

ところで以前紹介したマネースクエア社の宮田氏が、3/15高値からの波動は2波のフラット修正波(直近の下落はそのC波)であるとシナリオを修正してきた。いいかげん面倒くさくなっているので、筆者もその案に無条件で従うが、それだと25500円までの下落も心配せねばならなくなった。(フラットといえども寸足らずなのも有りだけど。)


<重要ライン>

①28005~28120・・・日中マド4

②27410~27735・・・日中マド3

③27215・・・5日線処

④26660~26835・・・(新)日中マド2

⑤26600・・・ナイトセッションバリュー上限

⑥26545・・・ナイトセッション・バリューハーフ

※27400・・・ナイトセッション終値

⑦26395~26060・・・4時間足底ネックゾーン

⑧26310・・・ナイトセッションバリュー下限

⑨26155・・・直近上昇の76.4%押し

⑩26100辺・・・日足支持ライン処

⑪25895・・・直近上昇の85.4%押し

⑫25615~25540・・・日中マド1


<詳細>

昨日とはバリューゾーンが若干下がった程度。日中はもち合い相場が継続する公算大。下値メドは⑩に置いているが、ここまで仕掛けがあっても心の準備はできている。⑦下辺、⑨がそれを示唆しているような感じだ。もちろんそんな警戒もナイト早期まで。ナイトはフラットでゆっくり過ごしたい。(ただし、寝る前は買い指しを下の方に入れるつもりだ。)

肝心の売り場はやはり⑥だが、上限値も近いので⑤まで届くかもしれない。⑤なら確実にSだ。




15分チャートに図のようなチャネルラインを引いてみた。上のライン3点目で反落して下のラインを突破してしまうか、ラインをそのまま上に突破するか、どう思いや~す。

別途、1時間足では最後の5波動目がまだ途中のような気がしてはいるのであるが。←誘導しているわけではない!


以上。

0 件のコメント: