2022年6月10日金曜日

【戻り売り当然】日経225MINI先物・今朝の環境認識とトレード戦略20220610

「ナイトで跳ねてくれるだろう」のつもりで買った28175円玉は、意外に伸びてくれたので28300円ジャストで利確させてもらった。逆にこれでナイトは「ウリ」を確信。売り目線で臨んだが・・・。

まず28280円でのウリは28300円超になってロスカットさせられる。その勢いが28350円で止まったことが悔しかったのを覚えている。で、その後は再度28300円割れを待っての28280円でもう一度。これはアメリカ開場すぐの28150円で全利確してしまった。まだまだチグハグなトレードで、悔しさもひとしお。1枚残しておくべきだったか。

朝起きてビックリしたが、いったんの調整に入るのは当然。当分は売り目線だが、いずれはまた盛り返そう。もうひと波動上昇は残っている。ただ、筆者の中で、4時間足のエリオット波動カウントで迷っている部分があって、押し目底の計算にちょっと自信がない。(この辺りのことは週末ブログにでも)。


<重要ライン>今回から9月物の数値採用

①28475・・・日足全③波目標値

②28350・・・直近高値

③28340・・・ナイトセッションバリュー上限

④29215・・・ナイトセッション・バリューハーフ

⑤28195・・・4時間足ネックライン

⑥28115・・・15分足ネックライン

⑦28090・・・4時間足天ネックゾーン上辺

⑧28080・・・5日線処

※27980・・・ナイトセッション終値

⑨27905・・・ナイトセッションバリュー下限

⑩27805・・・4時間足押し安値

⑪27800・・・4時間足③-4波底メド(23.6%押し)

⑫27655・・・4時間足天ネックゾーン下辺

⑬27460・・・4時間足③-4波底メド(38.2%押し)

⑭27450~27410・・・日中マド3


<詳細>

ここまで下落したのなら、いったんの戻しがあって当然だろう。その戻しメドがまず⑥で、ここら辺で再度売られて安値更新になればA波の5波動が完成するって寸法だ。そうなれば、ジグザグ修正だね。また④辺りまで戻って、A波が3波動構成で終わりそうならフラットかトライアングル修正になる。・・・こんな感じでナイトからの下落を観察してみよう。

日足(4時間足も)はたぶん③ー3波が終了しての③ー4波の調整になるのだと思っているので、③ー5波(全3波)の目標値を①にしている理由である。

よって、その押し目底メドを入れておいたが、③ー2波の形状から考えれば値幅調整というより時間調整だと感じている。なので⑪前後がその押し目底メドになるのではなかろか。ジグザグ修正なら⑬まであろうか、あるいは半値押し27180円くらいまでか。

先に上昇(戻し)が発生して、めでたくショート参戦できた時の利確メドは、とりあえず27800円前後を想定している。上記理由からあまり深追いはしない。

以上。


【問題】

上記、下線部について。目標値を①とした計算式を答えよ。



0 件のコメント: