2020年4月16日木曜日

【底割れ回避・急反発したが・・・】

ホールドしていた東洋紡は、嫌な予感がして寄付決済することに。事なきを得たが、儲からない。引値も2日前安値に届かなかったので、当分用済みとなる。

今日はL・S両用で攻めてみたい。またもやどっちつかずになるか。

当ブログ4/2記事でとりあげたニチレイ<2871>を再度儲けのタネにしてみたいと思う。
前回記事の内容は、天井圏の十字線+陰線=売りの法則(緑〇印)で、とりあえずの利確目標が25日線であった。(なので大的中と言いたいが、筆者はエントリーできずじまいで、取り逃がしている。)

その通り昨日は25日線を割った2701円から後場急反発した。全体が3月後半から出戻り相場の中にあって、テーマ株物色に合致していたせいかその回復ぶりは他を圧倒。その後利確の売りで調整中であったから、これで底入れ完了かと思ったものだ。今日も上昇、陽線引けだな、と。

しかし、次の30分足チャートを確認してみて愕然となった。

まだ、抵抗ライン(オレンジ線)を上抜けていない。今日、前日高値を切り上げたとしても、このラインでいっぱいいっぱいなのではないか?、強烈な売りが待ち構えているのではないか?、昨日の反発は下落途中の反発で再度下方向に行くのでは?ということに気がついた。

今日はどっちの方向に賭けるべきか。大いに悩むことになるのだが、筆者には伝家の宝刀=終値出来高判別法があった。

そして調べてみると、前日の引値出来高は大商いであった。これで筆者の腹は決まった。---そうだ両にらみでいこう。ーーー

すなわち、今日の寄付価格次第でのエントリーである。
詳細は何度も書いているので割愛するが、昨晩より日経先物も風雲急を告げてきたようだ。この銘柄もひと筋縄ではいきそうもない。

以上、天井騒ぎの【今日のどっちつかず】でした。ご清聴ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿